大分名物「りゅうきゅう」と「知念 慶」

2019年シーズンJ2からJ1に昇格した大分トリニータ

この地方チームは大方のサッカー評論家の予想に反して9位と躍進

J12シーズン目を迎えるチームは川崎フロンターレからレンタル移籍で知念 慶を獲得

昨シーズン同じレンタルで獲得したオナイウ阿道が大活躍

日本代表に選出されるまで成長

その活躍でJリーグ王者横浜Fマリノスからのオファーが届き、移籍を勝ち取った

そのオナイウ阿道の抜けた前線の核となる選手を期待されこの沖縄出身のアタッカーに白羽の矢が立ったのである

知念 慶

25歳

沖縄出身 

知念高校(同じ名前?)→愛知学院高校→川崎フロンターレ

正直川崎フロンターレに入団した時は経歴がマイナーでどんな選手なんだろうと思っていたが試合を見て川崎フロンターレのスカウトの優秀さに感心させられた

川崎フロンターレは今までセンターFWに突進力があり献身性の高いFWを配置しテクニカルな選手との融合で得点を重ねてきた

過去には鄭大世や我那覇・黒津・矢島など

現在は小林悠やレアンドロダミアン

この流れを組む突進力がありシュート力のあるFW

それがこの知念 慶である

身長は177cmであるががっちりとした体形と独特の雰囲気で180cmを超えているよう見える。

ちなみに雰囲気の話だが川崎フロンターレでのチームメイトだった家長の雰囲気は別格だがこの知念にも同じような雰囲気があるように思える

相手DFが怯んでしまうような・・

味方が何かしてくれようだと期待するような・・

味方がまっ先に目に入るような・・

そんな特異な雰囲気

限られた選手しかないような雰囲気がこの選手にはある

2020年にJリーグが開幕し大分トリニータはセレッソ大坂と対戦

結果は1対0と敗戦も知念は幾度となくセレッソゴールに迫りセレッソ守備陣に恐怖を与えていた

何度も何度の諦めずゴールに迫る姿は味方を鼓舞し、対戦相手を失意へのカウントダウンに誘う

カタノサッカーの醍醐味である疑似カウンターやサイド攻撃の起点となるポストプレーで重要な役割を担う

大分県には「りゅうきゅう」という郷土料理がある

魚の刺身に醤油とゴマそしてネギを絡めた料理

名前の由来は諸説あるが沖縄から伝来してきたという説もある

沖縄古来の琉球王朝から取られた名前

「りゅうきゅう」は大分県民皆が愛し、親しみのある名

同じように「知念 慶」は大分にとって皆に愛され、大分に歓喜を呼ぶ存在になるかもしれない

J2で活躍すればJ1大分トリニータが見てる これ今J2の常識

昨年J2からJ1に昇格した大分トリニータ

下馬評を覆す9位と大躍進

九州の小さな都市を本拠地とする母体もない予算の少ない市民クラブはなぜ好成績をおさめることができたのか

それは片野坂監督の手腕と特殊な戦術への選手の順応ではないだろうか

この片野坂監督の求めるサッカーはGKを含めたポゼッションサッカー

ただのポゼッションサッカーでなくポゼッションからカウンターへの移行を何度も繰り返す特異な戦術

この戦術には献身的かつ戦術理解が必要なインテリジェンスあふれる選手が必要である

だからコミュニケーションが重要で外国人や独りよがりな「スター」選手がいると成立しないのである

そこで予算に乏しいこのチームは対戦したJ2もしくはJ3の選手をピックアップ

この戦術に対応できる実力者J2所属者をスカウトすることでチームを形成

毎年サッカー好きが唸るような選手を獲得している

今期は横浜FCから野村 直輝・松本山雅から町田 也真人・長崎から香川 勇気など獲得

そしてJ3群馬でルーキーイヤーに活躍した高澤 優也を獲得

このJ3→J1は昨年途中に神戸に移籍した藤本 憲明同様シンデレラストーリーとなる可能性がある

それに加えJ1で結果を残しているもののくすぶる実力者も獲得

川崎フロンターレの知念 慶・サンフレッチェ広島の渡 大生など

昨年も島川 俊郎(甲府)・小塚 和季(甲府)・オナイウ阿道(山口)・伊藤涼太郎(水戸)・小林などJ2で活躍した選手を獲得してチームに厚みをもたらした。

J2で活躍すれば大分トリニータのスカウトが見てくれている

J1にステップアップできる

このような意識がJ2に所属する選手にあるかもしれない

J2やJ3は決して都落ちでもなく努力して選手として成長していれば評価をして獲得オファーを獲得できる

そんなチームが大分トリニータなのかもしれない

今期、J1王者横浜Fマリノスに移籍したオナイウ阿道は大分で日本代表選出

伊藤涼太郎は元々のテクニックに献身性や戦術理解度を上げ浦和レッズにレンタルバック

選手のステップアップに適したチームが九州の小さな都市にある

先日死去したプロ野球の野村 克也氏は選手再生工場と言われていたが、この大分トリニータは選手ステップアップ工場と呼ばれるかもしれない

今期もまた元J2・J3選手が活躍する大分トリニータがJ1を沸かせるに違いない

PK戦は神様のいたずら?9人連続失敗と19人連続成功がJリーグで・・

令和2年2月8日 Jリーグチャンピオン 横浜Fマリノス対天皇杯チャンピオン ヴィセル神戸が頂点を目指したゼロックススーパーカップが行われた

Jリーグの多くのチームがキャンプ中でまだまだ骨格ができていないこの時期に行われ今期のJリーグを占う上で重要なカップ戦

天皇杯優勝で勢いに乗るヴィッセル神戸と新加入選手との連携が未知数のJ-リーグ王者の戦いは白熱かつ奇妙な試合展開となった

イニエスタの絶妙なパスでチャンスをつくるヴィッセル神戸に対して、JリーグMVP仲川やマルコスジュニオールが織りなす強力攻撃陣が怒涛の攻めを見せる両チーム攻撃的な展開となる。

元横浜FマリノスGKであるヴィッセル神戸GK飯倉

切差琢磨しその飯倉を今でも慕う横浜FマリノスGK 朴とのGK対決も秀逸

各GKのビックセーブをある中打ち合いの試合となり3対3の90分での決着はつかず

その異様な雰囲気のままPK戦へ

両チームともに2人まできっちり決めたがここから奇妙な世界へ・・

横浜3人目から連続で9人失敗

その中にはベルギー代表名手ヴェルメ―レンや冷静沈着な西大吾も含まれている

この世界でも類を見ない珍事を見ることができたサポーター達は死ぬまで酒の席の自慢話に困らないであろう

最後が山口蛍が決めたヴィッセル神戸が勝利し今期もJリーグを大いに沸かしてくれそうなチームであることを証明

この奇妙なPK戦 9人連続失敗

このPK戦と逆の9人連続成功も昨年Jリーグで起きている

昨年の天皇杯サンフレッチェ広島対大分トリニータの一戦

同点でPK戦に突入すると両チーム9人目まで確実に決め異様な雰囲気に・・

GKまで回るのではないか・・という雰囲気に包まれる中サンフレッチェ広島10人目が失敗し大分トリニータ10人がきっちり決め大分トリニータの勝利で試合終了

この時も一種独特な雰囲気にスタジアムは包まれていた

サッカー経験者なら感じたことがあるだろうが。PK戦が「伝染」するのである

これはJリーグはもちろん世界のトップリーグでもあり草サッカーでもしかり

100回PKして100回決める選手がこの雰囲気だと外すのである

100回PKして10回しか決めることができない選手が決めるの

そんな異次元の雰囲気が起こるPK戦

サッカー観戦の醍醐味の一つかもしれない

王国ブラジルで本田圭佑が再び輝く リオでのジャポネーゼの挑戦

本田圭祐のブラジル ボタフォゴ入団が決定

オランダ・ロシア・イタリア・メキシコ・オーストラリアの次に選んだのは・・王国ブラジル!

毎年のように才能が生まれるこの地で世界の本田は何を求め何を勝ち取るのか

今までも人々の想像を超えるパーソナリティーで独自の道を歩んできた

日本代表・ワールドカップ出場・クラブ経営者・実業家・監督

数々の実績を残してきたこの男が宣言しているのは東京オリンピックオーバーエイジ枠での出場

この目標を達成するために選んだクラブはブラジルの名門 ボタフォゴ

リオデジャネイロを本拠地に置くこのクラブはフラメンゴ・フルミネンセ・ヴァスコダガマを含め、リオのビッグ4と呼ばれ、このチーム同士の戦いはクラシコと呼ばれている。

過去にはべべットやセードルフが在籍したチームである

ではなぜこのチームを選択したのか

一部報道では企業家としてブラジルとの関係強化のためではないか・・とかボタフォゴの日本企業スポンサー獲得のためではないか・・とか様々な憶測がある

しかし今までの輝かしい経歴の中で十分な富は得ており積極的な寄付活動を続ける慈善活動の一面を持つ男に報酬での魅力ではないと見る

では何か

本田圭祐の今までの経歴を見れば答えは導き出される

幼少よりプロサッカー選手を目指すもガンバユースに昇格できず石川 星稜高校に進学

挫折をバネに練習を重ね県選抜からアンダー世代の日本代表へ

見事名古屋グランパスに入団しその後オランダのVVVフェンロへ

フェンロでは10番を背負いキャプテンとなる

その後ロシアのCSKAモスクワでプレー

そしてついにイタリアの名門 ACミランに入団 背番号は何と10番

その後メキシコのCFパチューカ、オ―ストラリアのメルボルン・ビクトリーで活躍

そして海外移籍初めての地オランダ フィテッセで再出発を期待していたが監督解任を理由に出場することなく退団

その後は無所属が続いていた

そして今回の移籍

ブラジルリーグも昔は選手を育てヨーロッパや世界に高い移籍金で売却するチームが多かったが現在は放映権や世界的スポンサーの獲得によりヨーロッパで活躍していた自国スターを獲得し元々レベルの高いリーグが有名選手の獲得で収益的にも高く人気リーグとなった

しかし、若手がステップアップへのハングリー精神が強く激しいプレーでせめぎ合うのも確かである

本田のプレーはテクニック重視というよりフィジカルやキックの精度・プレービジョンで活路を見出すスタイルのためヨーロッパリーグ向きであるのは本人を含め皆が感じてることだと思う

そして治安の問題

日本のJリーグで活躍するブラジル人が皆が口を揃えていうことが日本の治安の良さ

ブラジルではサッカー選手はもちろん富裕層は誘拐や強盗の被害が日常茶飯事で命の心配を常に感じながら生活する必要がある

だからこそ世界的なプレーヤーとなった本田がプレースタイルの違うリーグで安全面でも危険な国でわざわざプレーするのか?

それは本人の飽くなき向上心と挑戦に他ならない

プレースタイルが違うと言われるリーグで

王国ブラジルで

治安の悪い国で

もうピークを過ぎたと言われている中で

オリンピック出場なんて無理だと言われている中で

選手としてじゃなく実業家としてと言われる中で

その多数の声をバネに

良い意味で予想を裏切ってきたからこそ

今回も大きく裏切ってやろうと・・

批判をモチベーションに・・

王国ブラジルでの活躍・オリンピック出場この二つは

世間が騒げば騒ぐほど実現に近づいていくような気がする

本田圭祐とはそんな男である

「ジャポネーゼ」

この日本人という言葉はブラジルでは昔「サッカーが下手な人」という意味で使われていたらしい

しかし、本田圭祐はブラジルでこの言葉の意味を変えるかもしれない

「才能あるサッカー選手」という意味に・・

https://youtu.be/2KXJD6hTqnw

吉田 麻也 サンプドリアヘ カルチョの国でなぜ日本人DFは重宝されるのか?

吉田麻也のサンプドリアへのレンタル移籍が発表された

サザンプトンに7年在籍

熾烈なレギュラー争いに経験しながらクラブの信頼を勝ち取ってきた31歳の日本代表DF

しかし今シーズンはサブが多く出場機会が激減

本人も出場機会を求めていたときに浮上したきたイタリアからの移籍話

そのチームは「サンプドリア」

日本にも馴染み深いチーム

90年代はマンチーニやビアリのほかにトニーニョ・セレーゾ、ピエトロ・ビエルコウッド、ジャンルカ・パリュウカを要してセリエA優勝を果たした名門

そんな名門が建て直しのためプレミアリーグでの経験豊富な吉田に白羽の矢が立った

インテルでの長友、ボローニャで活躍の富安など「カテナチオ」と呼ばれれる守備に独特な美学のあるイタリアが日本人を重宝

その理由は「勤勉さ」ではないだろうか

イタリアのサッカーにおいて守備は連動しており戦術に忠実で独りよがりなプレーは全てのプレーの妨げになる

その点において過去にセリエAで活躍した外国人は皆真面目で堅実

それは南米のブラジル人やアルゼンチン人をしかり

サネッティやカフ―が代表格

キャプテンを任せられる真面目な人物が活躍

長友・富安そして吉田とこの条件に当てはまる

そしてこの吉田の移籍に大きな影響を与えたのは富安なのではないかと考えられる

日本代表に定着したこの若いDFのセリエAでの活躍は日本人センターバックの評価を高めたことが影響していると考えられる

日本のセンターバックの二人がカルチョの歴史を変える日は近い

カズが引退するまで・・

全国のサッカー人口は約12万人

子供から老人まで幅広い

基本的にアマチュアに引退などない

若い内はそれなりのチームに入りレギュラーとして活躍するも年齢が高くなると若い選手の加入でサブに降格。レベルを落ちるチームに移籍しまた活躍しても年齢や仕事や家庭の両立ができずまたサブに降格となる。そしてまたレベルを下げたチームに移籍とこのサイクルを皆経験しているはず

このサイクルが嫌になりサッカーをしなくなる人もいるし、怪我や年齢的に走れなくなり引退する人も・・

そんな全国のアマチュアサッカープレーヤーにとってカズは特別な存在

プロ選手にとってもカズは特別な存在だが・・

アマチュアプレーヤーは皆少しでも長くサッカーをしたいのが希望であり「カズ」の存在は引退を考えた時に大きな心の拠り所になるのである・・

そう・・この魔法の言葉

「カズが引退するまで俺も引退しない!」

毎年何人のおじさんプレーヤ―が酒を飲みながら言い放っているであろう

裏を返せば

毎年何人のおじさんプレーヤーがカズの引退に怯えているであろうか

カズ引退=自分の引退となる人はかなりいるはず

毎年のカズの契約更改発表は背番号にちなんで11月11日11時11分

このニュースを見て小さくガッツポーズしてるのはあなたの近くのおじさんプレイヤーです。

ミスターベガルタ 梁 勇基 杜の都のバンディエラ

どんな選手でも別れが来る・・

でも梁 勇基には来ないと思っていた そうミスターベガルタ仙台には

大阪府に生まれ小学校から朝鮮学校に通い大阪朝鮮高校では全国的にも有名な選手になる

阪南大学に進学しその才能は更に開花

そして2004年当時J2のベガルタ仙台に入団

入団当初からレギュラーを掴み類まれななパスセンスで攻撃を牽引

2006年よりエースナンバー10を背負い活躍

2009年のJ1昇格に貢献しミスターベガルタの地位を確固たるものとする

また朝鮮籍のため北朝鮮代表にも選出され21試合出場5得点の記録を持つ

日本と国交のない北朝鮮での代表活動は簡単なものではなかっただろうが、Jリーグで揉まれたテクニックは本国の選手とのアクセントとなり代表でも存在感を示していた

J1でもコンスタントに出場

選手の入れ替わりも多く、降格争いにおいても精神的支柱としてを回避できたのはこのバンディエラの存在は大きい

また東北の震災時には復興のシンボルとして躍進したチームを鼓舞し続けたのがこの男である

温厚でみんな愛される人間性はベテランの年齢となり出場機会が減少しても、同ポジションの選手へのアドバイスを送り続ける姿を、泉総合グランドでサポーター達は何度見たことか

サポーター愛され、選手・スタッフに愛され、仙台に愛されたこの選手は旅立って行く

クラブは選手ではなくコーチを含めたスタッフでの契約を提案したらしいが、この稀代の天才MFはまだまだ現役選手としての道を選んだのである

仙台との別れは永遠ではないであろう

クラブはこれほどの選手には最大級の敬意を払っているに違いない

幾ばくかの月日を経てば・・この男が納得する選手生活を終えれば・・

また杜の都に帰ってくるであろう

その間、アドバイスを受けた若手選手を含めた選手・スタッフがベガルタ仙台の新しい歴史をつくる必要がある

間違っても下のカテゴリーになって迎えてはならない

更に強くなったベガルタ仙台として迎えるのがミスターベガルタへの最大の敬意である

仲川 輝人はなぜ名の通り輝く人となったのか 川崎下部組織→専修大学→横浜Fマリノス

令和元年のJリーグ

最終節を残し3連覇を狙う川崎フロンターレと常勝軍団鹿島アントラーズを抑え開幕から好調を維持してきたFC東京と徐々にプレッシングサッカーで勝ち点を重ねてきた横浜Fマリノスとの一騎打ちとなった

その横浜Fマリノスの好調を支える仲川輝人 

この小柄なアタッカーは昨季も9得点し活躍するもチームは12位と低迷。しかし今期は徐々にポステコテコグルー監督のアタッキングサッカーが浸透し順位を上げてきた。そのチームの攻撃はこの男から始まる。

川崎フロンターレの下部組織で基礎を学び、川崎フロンターレと提携している関東大学サッカー界の雄 専修大学を強豪に押上げ横浜Fマリノスに入団

神奈川県内での進路で一見こじんまりとした経歴に見えるが全てこアタッキング能力を開花させるために必要かつ適切な進路で圧たのは今の活躍で証明している。

古巣 川崎フロンターレとの最終節の大一番で勝利し15年振りの優勝を手に入れた時この男の新たな旅路(海外移籍)が始まるかもしれない・・・

FC今治 J3昇格 修行智仁の挑戦は終わらない

岡ちゃんこと岡田 武史氏がオーナーを務めるFC今治がJFL4位以内を確定させ来季J3の昇格を決めた

元日本代表の駒野・橋本など獲得しチーム力を上げ見事昇格・・

J2・J1を目指すこのチームのGK背番号1修行 智仁をご存じであろうか?

大分トリニータサポーターにとっておなじみ・・

決して順風満帆のサッカー人生ではないが在籍したチームでは黙々と練習に取り組む姿勢と優しさ溢れる人柄でチームメイトに慕われサポーターから愛される存在

大阪府大阪市で生まれ近大付属高校から立命館大に進み2007年当時JFLのガイナーレ鳥取に入団。

鳥取では中々レギュラーを取れず2009年同じJFLのFC町田に移籍。

正GKとして活躍するも徐々に出番を失い2015年大分トリニータに移籍

出場機会は限られたもののJ2・J1昇格を影で支えた

トリニータサポーターから絶大な人気を博し、地方テレビ番組でのアナウンサーとの掛け合いは名物となった。

2019大分トリニータのJ1昇格と入れ替わるようにFC今治に移籍

J1を目指すチームに経験豊富なこの男が必要だと岡田監督が判断

そしてみごとJ3に昇格を決めた・・・

大分トリニータのサポーターは移籍した選手を我が子を上京させた母親のようにいつまでも見守ることで有名

この昇格に大分トリニータサポーターが多く祝福

ちなみに大分トリニータのスポンサーである乳製品会社が、この選手が移籍後もこの会社の豆乳を愛飲しているのを聞きつけ大分から今治まで送ったことは、移籍してもスポンサーからも愛されているとして大きく話題となった

修行智仁の挑戦はまだまだ続くが、この男の魅力の虜になった新旧サポーター達がずっと応援していくであろう・・

ブログランキングにご協力下さい↓

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村

田中達也は時代を切り裂いた大友宗麟?筑後→肥後→豊後 時空を超えるスピードで豊後の国で覚醒!

躍進大分トリニータの左サイドで抜群のスピードで相手を切り裂く      韋駄天 田中 達也!

福岡(筑後)で生まれ熊本(肥後)で成長し大分(豊後)で覚醒!

この三県を統治した豊後の武将 大友宗麟は時代離れしたスピードで勢力を広げたスピードスター

左サイドをこれでもかとアタックする姿は見るものに勇気与え相手の戦意を喪失させる

福岡県で生まれ福岡U-15から名門東福岡高校へ

東福岡高校といえば「赤い彗星」と呼ばれるサイドアタックが特徴の強豪校

田中達也のスピードを活かす意味では東福岡に進学を選んだのは納得

過去に古賀誠史などサイドに好選手を輩出してきたこの高校で現在のプレースタイルの礎を築いた

そして九州産業大学に進学しロアッソ熊本に加入

加入当初は出場機会に恵まれすFC岐阜のレンタルを挟み着々と成長しJ2屈指のサイドアタッカーとなり名門ガンバ大阪に完全移籍

ガンバ大阪でもレギュラーとなった時期に何度も熱心なオファ―を出す大分トリニータに誰もが驚く移籍を決断

名門ガンバ大阪に主力がJ2から昇格してきたばかりの地方チーム大分トリニータの移籍は話題となった

不退転の思いで移籍を決断したこの韋駄天はこの移籍が正解だったことを自らのプレーで証明

躍進大分トリニータの左サイドの主力となり、右サイドの松本怜と共にJ1屈指のポジェッションからカウンターを駆使する知将片野坂監督の戦術を支えている

この韋駄天の凄いのをはスピード系の選手に珍しいゴリゴリ行くだけではなく的確な状況判断で、無理な仕掛けでボールを失い逆にカウンターを受けることが極端に少ないところ

だから安心して他の選手がラインを上げられチームの推進力を高めている

この韋駄天サイドアタッカーの動きだけ90分見るだけでも価値がある

そんな時空を超えた選手であるのは間違いない・・