大分トリニータの成熟 好成績にも驕ることなし J3を経験したチームにクラブも選手もサポーターも甘えはない

好調を維持する大分トリニータ

市民クラブとして誕生し県リーグからスタートしJ1まで登りつめナビスコカップを獲得した地方クラブの雄も紆余曲折がありJ3まで降格した経験がある

そんな天国も地獄も知るクラブは名将 片野坂監督のもと好成績を収めている

前年J2最多の67点叩きだしたチームはGKを含めた最終ラインからビルドアップし、つなぎ隙あらば素早い攻めで人数をかけてゴールに迫る攻撃スタイルでJ1でも快進撃 

日本のヴァーディーこと藤本 憲明や今季加入のオナイウ阿道などの攻撃陣が爆発しディフェンス陣は鈴木 義宣や先日、日本代表に選出された岩田 智輝が安定した守備で他のチームの攻撃陣をストップ

J1昇格時に昨年のメンバーに加え新加入の選手をピンポイントが獲得しJ1仕様に・・

令和元年7月21日時点で5位

その強さは何か・・

それは経営難やJ3を経験したフロント・スタッフが真摯に勝つチームになるために甘えを無くしたこと

市民クラブでありクラブとサポーターとの距離が近いことで有名なこの九州のチームはサポーターの熱量も高い・・地道に地域と根付いてきたこのチームはJ3に落ちたときもサポーターが見捨てずサポートしてくれたことはクラブ・選手の胸に刻まれている

だからこそ負けてはいけない・降格してはいけないサポーターを悲しませてはいけないという精神がプロクラブとして厳しい選択を行っている

強化費が限られている中、チームにフィットするであろう地道なスカウティングで獲得

小塚や高山や伊藤や三竿などレンタルバックを含めシーズン前に総勢15名を加え先日ガンバ大阪から田中 達也を獲得・・

その新しい潤滑油のために昨シーズンにおいて主力であっても昇格の立役者であろうとも試合に出場することが無くなる選手もでてくる・・それがキャプテンであろうとも・・

大分トリニータは昨シーズン途中(J2)にキャプテンであった竹内 彬選手がカマタマーレ讃岐に移籍

そして今シーズンもその竹内からキャプテンを引き継いだ馬場 賢治がシーズン途中に移籍(FC岐阜)

通常であれば考えられないキャプテンの移籍の真相がわからないが出場機会の激減は確かであり上記2名のキャプテンシーやプレーは他のチームには魅力的であるは確かでありオファ―が来るのは必然である

この厳しいと思われる裁量は功労者であろうとも試合に勝つため最良のメンバー選考を行い、それに入ることができなければ出場できないというプロクラブとして当たり前かつ大切な事柄なのである

この決断ができるクラブ・監督は勝利のために「鬼」となる決意の表れなのである

しかしながら移籍して選手をチームは変わろうとも今でも応援するクラブそしてサポーター達の姿勢は選手達の胸に響いている

浦和の西川 FC東京の森重・東 湘南の梅崎 セレッソの清武など・・

移籍した選手達の活躍を祈りクラブを強くしサポーターを悲しませたくないというクラブ姿勢はクラブ・選手・サポーターとのトライアングルを強くするモデルとして、Jリーグ100年構想に大きな影響を与えると信じている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です