天皇杯サッカー ジャイキリはなぜ起きる

天皇杯サッカー 

この歴史ある大会は各都道府県の代表とJリーグなどのシードチームで争われるノックアウト式のトーナメント

元旦に決勝が行われJリーグが発足する前から数々の名勝負が生まれた大会

この大会は魔物が住んでいる・・

そうアマチュアがプロを負かす

大学生がプロを負かす

いわゆるジャイアントキリングが起きる大会なのである

先日も法政大学が名古屋グランパスに続きガンバ大阪を倒す大金星

失うもののない負けて当然であるアマチュアや大学生たちはプロに一泡ふかせようと無心でプレーする反面、プロは日ごろプレー機会のない選手が連携の取れない状況で勝つことが当然である見えないプレッシャーの中戦う

100回対戦して1回勝てるかわからないプロ相手に勝つこの異様な光景はサッカーの奥深さを物語る

ガンバ大阪を撃破した法政大学の長山監督は対戦相手の遠藤保仁選手の鹿児島市立桜島中学サッカー部の2学年後輩

そして先日横浜FCに移籍した中村俊輔が古巣 横浜マリノスと対戦

J1とJ2の対戦はカップ戦のみであり運命的なものを感じる

このような見えない縁・ドラマがあるのもおもしろい

今からもどんなドラマがあるか・・

一筋縄にいかないこの大会に注目!

“天皇杯サッカー ジャイキリはなぜ起きる” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です