スター軍団ヴィッセル神戸でも異彩を放つ古橋亨梧 次々ビックネーム獲得も揺るぎない立場 イニエスタやビジャが認めたスピードスター

古橋は桜ヶ丘FC・アスペガス生駒FC・興国高校を経て、中央大学へ。そして2017年J2のFC岐阜へ加入・・

J2岐阜加入後はすぐにレギュラーとして活躍。その活躍が認められヴィッセル神戸へ移籍。ヴィッセル神戸加入後も2試合目でレギュラーとなり現在まで不動のレギュラー。

加入後もビジャなど大物選手が加入しコロコロレギュラーが変わるヴィッセル神戸において不動の地位を得ているのはアンダー世代でも代表歴のないJ2から加入したこのFWであるのとても興味深い・・

古橋のプレーはスピードを生かした裏への飛び出しとフリーランニングそして前線からの守備 そして得点力

とにかく初速が早くて攻撃でも守備でも他の選手との差が一目瞭然

何億もの移籍金・年棒を払うヴィッセル神戸においてこの年棒1700万円の無名だったFWが一番のあたりかもしれない

今年の冬の移籍市場ではずっとクラブとして支出が先行していたのが、この選手の移籍で獲得時の何倍もの移籍金が入るかもしれない

神戸のスカウト力に感心

出身高校の興国高校は全国大会には出場できなくとも独自の指導で何人ものJリーガーを輩出しており、この稀代のスピードスターもその一人となりもしかすると海外のビッククラブに移籍すればこの高校もまた注目をあびるかもしれない

大学は中央大学 名門であるが関東大学リーグで常に上位にいるわけではないが特徴ある選手を輩出する大学である 代表的には中村憲吾 Jリーグに入り注目されたところなど共通点は多い

このFWについてヴィッセル神戸のイニエスタやビジャなどが口を揃えて賞賛する

先日ヴィッセル神戸に加入した酒井高徳もまたこのスピードスターのポテンシャルに驚き海外での活躍に太鼓判を押す

この選手のプレーだけでも入場料を払う価値がある

そんな選手である

韋駄天は足ばかり速いのではなく選手としての価値についても急速に上がっている

日本代表 ビッククラブ移籍もそう遠くない未来かもしれない

*余談だが本名は古橋 匡梧 知人の占ってもらい登録名を匡からに変更している

匡は王が右側から逃げは片足でも上に上がれるから・・らしい

“スター軍団ヴィッセル神戸でも異彩を放つ古橋亨梧 次々ビックネーム獲得も揺るぎない立場 イニエスタやビジャが認めたスピードスター” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です