SGKT 高木 駿 好調大分トリニータを支える 最後尾のバンディエラ

好調大分トリニータにおいてGKはフィ―ルドプレイヤーの一員である

GKを含めDFもしくは守備的MFがパスを回し相手のマークを剥がし隙あらばショートカウンターなど多彩な戦術を見せる大分トリニータ

このJリーグで異彩を放つ片野坂サッカーにおいてこのヴェルディの下部組織出身GKが大きな役割を持っている

先日ルール改正があったが近年はGKに足元の技術を求められる時代に変貌している

つい数年前までGKへのバックパスをキャッチングできたことを考えると劇的なルール改正が進んできた

GKには足元の技術を求めていなかったのである

そのような時代の中ドイツ代表のノイヤーや元トリニータの浦和レッズの西川周作など足元やキック技術が高く注目されてきたがこの大分トリニータ正GKこそ新時代のGKとして注目されている

特殊な大分トリニータの戦術においてGKがボールキープする時間はかなり多い

DFの最終ラインがボールを回しゲームを組み立てる形はよく見かけるが、大分トリニータはこの高木選手がボール回しの中心となり他の選手が連動する

大分トリニータの試合を見たことがある方ならわかると思われるがかなり冷や冷やしてしまう

なぜなら一つのミスが100%近く失点となるからである

DFでも一つのミスが失点となる怖さがありセーフティにボール回しを行うのに後方に誰もいないGKのプレッシャーは半端ないだろう

しかいこの高木 駿という男はミスをして失点しても冷や冷やした場面をつくっても挫けない 鋼のハートを持っているのだ

だからこそGKからのパスから始まるトリニータサッカーは相手に脅威を与え相手選手の戦意を喪失させ続けているのである

足元の話ばかりではいささか語弊があるので一般的なGKとしての技術の話をさせていただくとシュートストップ・キャッチング・キック・コーチングどれをとっても一級品である

だからこそこのビルドアップに参加できる技術・メンタルが際立つのである

ではこの技術特にメンタルの強さはどこで養われたのであろうか

もしかすると名門ヴェルディの下部組織での経験なのかもしれない

ご存じのようにヴェルディといえば今でこそJ2にいるが読売クラブ時代から強豪クラブとしていち早くブラジルサッカーを取り入れプロがない時代からプロ化した特質したクラブでカズを始めラモス・武田など名だたる選手を輩出し昔から下部組織の強化に力を入れていた

今J1で活躍するJリーガーの多くはヴェルディ下部組織出身者が多い

ヴェルディ下部組織出身者が全てヴェルディに戻ればJ1昇格はもちろんJ1優勝もできるのではないかと思うメンバーである

ヴェルディの下部組織には関東はもちろん全国からいわばサッカーの天才・強烈な個性と技術を持つものが集まり生半端はメンタルでは脱落していまうのである

私の大学時代のチームメイトにヴェルディジュニアユース出身がいた

誰も太刀打ちできないようなプレーをしていたがユースに上がれなかったらしい

技術はもちろんメンタルが強くなければ無理だと話していた

天才ばかりの中で少しのミスでパスは来ないし自己主張がなければ信用されないと・・

技術とメンタルの強さが特出する者だけが在籍できるのがヴェルディの下部組織なのである

だからこそ高木選手はヴェルディジュニア→ジュニアユース→ユースに在籍していた事実から納得できてしまうのである

大学は名門明治大学そして川崎フロンターレ・ジェフ千葉で努力を重ね大分トリニータで覚醒

最後尾で攻撃をスタートさせゲームメイキングするこのメンタルモンスターバンディエラ SGKT(スーパーゴールキーパー高木)に注目!

“SGKT 高木 駿 好調大分トリニータを支える 最後尾のバンディエラ” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です