ドイツが生んだ最高の兄弟 アディダスとプーマのライバル関係とは

ブンデスリーガ バイエルンとドルトムントの試合はデア・クラシカ―と呼ばれドイツ最大のダービーマッチ

この2チーム間の移籍は禁断の移籍と言われているがレバンドフスキやゲッツェ・フンメルスなど過去に移籍し大きな物議を交わした強いライバル関係

この2チームにはもう一つの奇妙なライバル関係がある

それはユニフォームサプライヤーのライバル関係

バイエルンはアディダス ドルトムントはプーマ

この世界的スポーツメーカーはもとは一つのメーカーであったのは有名な話

もとのに社名は「ダスラー」

第二次大戦以前の話でありかなりの老舗メーカー

このメーカーは兄 ルドロフ・弟 アドロフのダスラー兄弟が設立

順調に経営していたが兄弟げんかが勃発・・

会社を突然閉鎖

兄 ルドルフは食肉目ネコ科のピューマを語源に「PUMA」を設立

弟はアドロフの名のあだ名「アディ―」からアディーダスラー・・「adidas]を設立

二人とも独立後に訴訟しあうなど仲の悪さは酷くなるばかり

同じ町で設立したものだから町もadidas派かプーマ派かを歩く人の足元を見て判断していたのは有名な話

このダスラー兄弟死後はメーカーとしてはライバル関係でもドイツのメーカーとして世界規模のスポーツメーカーとして切差琢磨して良好な関係となる

しかし・・

このメーカーがサプライヤーのドイツ2強チームバイエルン・ドルトムントのダービーは尋常じゃない激しさを毎回繰り広げられる

ダスラー兄弟の兄弟喧嘩があの世から乗り移っているかのように・・

そんなことを思いながら見るデア・クラシカ―も面白いかもしれない・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です