中島翔哉とセルジオ・コンセイソン 激怒事件を超えて 監督と選手の距離感とは・・

FCポルトの中島翔哉がセルジオコンセイソン監督から選手から止められるほど激怒されたポルティモンセ戦終了時の出来事は世界に衝撃が走った・・

2-0からの投入で逃げ切る必要がある状況での中島に軽いプレーしたが原因だと伝えられているが・・

チームに不穏な雰囲気、10番中島と指揮官の関係を心配するなか今節サンタ・クララ戦を迎えた。

中島が登場したのはポルティモンセ戦と同じ状況に2-0で迎えた後半15分過ぎ・・

中島は前節に汚名挽回と精力的に動きシュートで観客を沸かせる・・

そしてみごと2-0で勝利・・

試合終了後に前節の苦い悪夢が脳裏を過る中島は少し不安そうな表情・・

するとコンセイソン監督が近づき・・

固い握手と熱い抱擁を・・

固い表情から笑顔に変わる中島・・

前節に事件は10番を背負う中島はエースとして期待されており、この熱血監督の期待の表れだったのかもしれない

FCポルトでデビューしラッツィオやパルマ・インテルなどで活躍しポルトガル代表でも長く活躍し、熱いプレーでファンを熱狂させてきたこの指揮官の要求は高い・・

FCポルトの英雄が指揮官であるこのチームに10番として招かれた日本にテクニシャンは、今回の事件で監督との熱い絆が生まれ優勝を導く活躍を見せてくれるであろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です