ラグビー日本代表 大金星 世界ランキング2位 アイルランド撃破 2大会連続ジャイアントキリングの意味 サッカー日韓ワールドカップとの関係

ラグビー日本代表がワールドカップ日本大会予選リーグで世界ランキング2位のアイルランドに勝利!!

前回大会南アフリカに勝利と同様格上に勝利の大金星

この快挙が意味するものは・・

日本においてスポーツ認知度においてまだまだ低いラグビー

ルールの難しさなどの要因はあるが高校ラグビーの聖地 花園や実業団ラグビー 神戸製鋼や昔では新日鉄釜石などは有名だが選手人口やファン人口においては野球やサッカーに及ばない

しかし競技自体は有名な「ワンフォアオール オールフォアワン」「ノーサイド」

にある、激しく勇気あるプレーとチームプレー、相手を称えるリスペクトの精神が素晴らしい

前回のラグビーワールドカップで格上南アフリカに勝利したシーンは多くの人を感動させラグビーの素晴らしさを教えてくれた

今回のワールドカップ日本開催の盛り上がりは前回大会の活躍が大きく起因している

やはり大きな大会が日本で開催されようとも自国にチームが弱ければ元々にファン以外は興味を持つことはなくそれは選手人口の増加・ファンの増加に繋がらない

逆に言えば今回に自国開催での成績次第では前回大会の活躍の流れに水を差す可能性だってあったのである

しかし、しかし・・

第1戦のロシア戦に勝利し第2戦の世界ランキング2位のアイルランド撃破

史上初の決勝トーナメント出場にまた一歩近づく大躍進

この事実に日本中は大興奮

出場チームのニュージーランドなどの勇壮な「ハカ」や試合後に相手チームを称える姿に日本全土が感動し「ラグビー」というスポーツにす素晴らしさを直に感じている

この時点で大会は大きな成功を収めているがこの人気を維持していくことが重要である

このような状況はサッカーワールドカップ日韓大会と似ている

日本サッカーはJリーグというプロリーグを設立し1998年フランスワールドカップに初出場、2002年に日韓ワールドカップを迎え決勝トーナ―メント進出という大きな結果を残した。

サッカーの認知度はこのワールドカップ自国開催で大きく変貌したのは事実である

自国と世界のプレーに目の当たりに感動を受けた人は多い

そう・・ラグビーワールドカップ日本大会と同じなのである

サッカーはその後ワールドカップ連続出場を続け、選手は海外チームに引き抜かれJリーグのチームは増加、競技人口・ファン人口は増加してる

そう・・今回のラグビー日本代表の活躍、ワールドカップ日本大会の盛り上がりは日本ラグビー界の未来を明るく照らしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です