もしサッカーでもドラフト会議が行われたら・・どうなる?

毎年この時期は野球のドラフト会議の話でメディアはもちろん様々のところで激論が繰り広げられる

甲子園にスターやメジャーも注目の選手や無名ながら才能豊かな原石たちに注目が集まる・・

今年は大船渡高校の佐々木投手・・

サッカー好きのわたくしは大船渡高校といえば元日本代表で大船渡高校から鹿島アントラーズに入団した小笠原満男でしか知らなかった高校だが小笠原以来のスター選手輩出で大船渡は沸きに沸いているであろう・・

さてこのドラフト会議は選手にレベルを均等するためもしくは資金力のあるチームばかり有力選手を獲得しないようにとの配慮だと思われる・・

サッカーではこのドラフト制度などなくクラブが直接選手もしくは親や所属チームの監督と交渉することが日本及び世界サッカーの主流である

野球とサッカーの違いは歴史も違えば模範となる海外のリーグも違う

野球はアメリカメジャーリーグのドラフト制度を参考に行われている

アメリカといえばバスケットやアメフトなどもドラフトが行われ成績が下位のチームから順に選択していき選手レベルの均等をはかるポピュラーな制度である

平等という利点はあるが選手が行きたいチームに行けないという弊害もあり日本も入団拒否など今までも色々とドラマが繰り広げられてきた

しかし、サッカーについては南米や欧州のサッカー事情は若い年代からスカウトにより選手を獲得し代理人が暗躍する「お金」に対する部分はシビア。幼少より自分の価値(お金)を評価するチームに移籍しステップアップするシステムは野球とは大きく違う

小さなクラブは才能ある選手を獲得しビッククラブに売却しクラブ経営の基盤とする・・成績も求められ経営と成績のバランスが難しい

ビッククラブは高い移籍金でも良い選手を獲得し良い成績をおさめ、優勝賞金や放映権・入場料やグッズの収益でクラブの基盤を形成する・・人気や収益力が高い分サポーターも成績について厳しく監督や選手は常勝を求められる

ドラフト会議がサッカーで行われれば・・それはそれで面白いかもしれないが

サッカーはまだ高校生や大学生の有望選手を新聞やメディアはよっぽどの選手じゃない限り取り上げず、ドラフト自体サッカー好きしか盛り上がらないかもしれない

高校サッカー選手権で活躍した平山や大迫などは大きく取り上げられたがその他の選手はサッカー好きじゃなければ知らないのが現実である

そしてJリーグの成熟に伴い下部組織が充実し下部組織出身のJリーガーが多くなった。ドラフトなど考えられない小学生の年代から、カテゴリーを上がりプロになる道筋を実力があれば実現できるこのシステム。

ドラフトのようなドラマはなく現実的なプロへの道筋が確立している

しかしながら大きな報道や人間模様など人々に様々な感情を与えるこのドラフト制度はプロスポーツのコンテンツとしては野球という日本スポーツの歴史に大きく寄与しており野球人気の大きな要因となっているのは否めない

****高校の****君はJリーグの***かリーガの*****に入団するらしい

なんて情報がサッカーも頻繁に報道されるようになることを願う

ドラフト制度の一喜一憂は野球人気の根強さを浮き彫りにしたような気がする

ブログランキングに協力お願いします

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です