相手FWが嫌になる愚直さ 大分トリニータの堅守を支えるキャプテン 鈴木義宜 

「義」とは他者に対して義(ただ)しい、誠実な、偽りのない態度で臨むこと、またそのような態度が可能である魂の状態をいう

宜しき義(ただ)しい選手 名はその人を表す

まさに鈴木 義宜はそんな選手だ・・

宮崎県出身 高校は鵬翔と並ぶサッカーの名門 宮崎日大高校

宮崎日大高校OB とろサーモン・永野

お笑い芸人が多い・・鈴木にお笑い系のイメージはないが・・もしかすると・・・・

宮崎産業大学在学中に大分トリニータの特別指定選手に・・

そして大分トリニータ入団!新人ながらレギュラーとして40試合出場・・

その後不動のDFとして君臨

J3・J2・J1の全てのカテゴリーを知る

2017・2018年副キャプテン

2019年キャプテン就任

決して有名ではない大学にいたこのDFをトレーニングマッチで見染めた大分トリニータのスカウト陣の眼力は目を見張る

黙々とただ黙々と相手を抑え身体を投げ出しシュートストップする姿は阿修羅の様・・

キーパーから繋ぐ現在の大分トリニータのポゼッションサッカーではビルドアップにおいて大きな役割を担っている。また片野坂監督の戦術で特徴的なカウンターにおいてはしっかりディフエンス後のカウンターの始点といても機能。

幅広い役割はもちろんキャプテンとしてもチームを牽引

プレーで鼓舞するタイプで愚直なまでのフォアザチームはチームメイトに苦しい時こそ活力を与える

最後まで走り切るトリニータのチームスタイルはこの男の愚直さが証明

熱き名将 片野坂監督の「カタノサッカー」を体現するにはこのキャプテンの愚直さが益々必要である

南国宮崎で生まれたこの至宝は隣県大分でまだまだ大きく輝くに違いない

愚直なリーダーに期待大!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です