北の大地で育ち九州で芽吹き大輪の花へ 大分トリニータの貴公子 松本 怜

大分トリニータの右サイドといえば・・

レイチェルこと松本怜!

スピードとタイミングの良いアップダウンで相手を困惑

正確なセンタリングやカットインはわかっていても相手は止められない

スピードのある選手にありがちなやみくもに前に推進するプレーではなく味方のタイミングや相手にディフェンスラインの綻びを絶妙に掻いくぐる姿は相手サポーターからも感嘆の声が・・

この知性あふれるスピードスターの魅力は・・

それは「貴公子」とよばれるほどの容姿とのギャップがある「熱さ」である

北海道の大地で生まれ幼少期は横浜Fマリノスに憧れ下部組織の入団の夢破れ名門 青森山田高校で才能に努力を加え成長。大学も名門早稲田大学に進み着実にプロサッカー選手となるための礎を確立。そして幼少期からの念願であった横浜Fマリノスの入団を勝ち取る。

横浜Fマリノス入団後は才能の片鱗を見せ期待されるも中々レギュラーではなく途中交代での出場に甘んじていた中、運命のオファーが・・

J1に昇格したばかりの南国九州の大分トリニータが北に大地が生んだスピードスターの獲得を熱望

他のチームからのオファ―があったものの運命の決断で期限付き移籍となった

開幕からレギュラーとして活躍も2度の長期負傷離脱。この優秀な右翼をシーズンを通して起用できなかったチームはJ2降格

横浜Fマリノスに復帰の選択肢もあるなか期限付き移籍を延長

その後完全にチームの中心となりチームへの愛着から完全移籍。

名実共にトリニータに象徴となるもJ3への降格の憂き目にあう

またしても移籍の可能性があるも残留を決め1年でのJ2昇格に貢献

J1のチームからの度たびのオファ―を断り「このチームをもう一度J1へ」との願いから残留し見事J1昇格を果たす

この男気あふれる振る舞いはサポーターの心をつかみ絶大ざる人気を博し栄光と挫折を知る大分トリニータの歴史の中でも稀有な存在であるのは言うまでもない

数年前までJ3にいたチームがJ1の快進撃は片野坂監督の手腕と松本怜の若い選手を引っぱる強い精神力だと称する人は多い

この貴公子の中にある熱く燃えたがる闘志と大分トリニータを愛する心は色あせることはない

北の大地の冷静さと南国九州の熱い魂が今後も大分トリニータの躍進の鍵を握る

大分の右翼は・・・

熱く速く羽ばたき続けるのである・・

ブログランキングにご協力下さい!

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村


サッカーランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です