田中達也は時代を切り裂いた大友宗麟?筑後→肥後→豊後 時空を超えるスピードで豊後の国で覚醒!

躍進大分トリニータの左サイドで抜群のスピードで相手を切り裂く      韋駄天 田中 達也!

福岡(筑後)で生まれ熊本(肥後)で成長し大分(豊後)で覚醒!

この三県を統治した豊後の武将 大友宗麟は時代離れしたスピードで勢力を広げたスピードスター

左サイドをこれでもかとアタックする姿は見るものに勇気与え相手の戦意を喪失させる

福岡県で生まれ福岡U-15から名門東福岡高校へ

東福岡高校といえば「赤い彗星」と呼ばれるサイドアタックが特徴の強豪校

田中達也のスピードを活かす意味では東福岡に進学を選んだのは納得

過去に古賀誠史などサイドに好選手を輩出してきたこの高校で現在のプレースタイルの礎を築いた

そして九州産業大学に進学しロアッソ熊本に加入

加入当初は出場機会に恵まれすFC岐阜のレンタルを挟み着々と成長しJ2屈指のサイドアタッカーとなり名門ガンバ大阪に完全移籍

ガンバ大阪でもレギュラーとなった時期に何度も熱心なオファ―を出す大分トリニータに誰もが驚く移籍を決断

名門ガンバ大阪に主力がJ2から昇格してきたばかりの地方チーム大分トリニータの移籍は話題となった

不退転の思いで移籍を決断したこの韋駄天はこの移籍が正解だったことを自らのプレーで証明

躍進大分トリニータの左サイドの主力となり、右サイドの松本怜と共にJ1屈指のポジェッションからカウンターを駆使する知将片野坂監督の戦術を支えている

この韋駄天の凄いのをはスピード系の選手に珍しいゴリゴリ行くだけではなく的確な状況判断で、無理な仕掛けでボールを失い逆にカウンターを受けることが極端に少ないところ

だから安心して他の選手がラインを上げられチームの推進力を高めている

この韋駄天サイドアタッカーの動きだけ90分見るだけでも価値がある

そんな時空を超えた選手であるのは間違いない・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です