カテゴリー別アーカイブ: 日本代表

吉田 麻也 サンプドリアヘ カルチョの国でなぜ日本人DFは重宝されるのか?

吉田麻也のサンプドリアへのレンタル移籍が発表された

サザンプトンに7年在籍

熾烈なレギュラー争いに経験しながらクラブの信頼を勝ち取ってきた31歳の日本代表DF

しかし今シーズンはサブが多く出場機会が激減

本人も出場機会を求めていたときに浮上したきたイタリアからの移籍話

そのチームは「サンプドリア」

日本にも馴染み深いチーム

90年代はマンチーニやビアリのほかにトニーニョ・セレーゾ、ピエトロ・ビエルコウッド、ジャンルカ・パリュウカを要してセリエA優勝を果たした名門

そんな名門が建て直しのためプレミアリーグでの経験豊富な吉田に白羽の矢が立った

インテルでの長友、ボローニャで活躍の富安など「カテナチオ」と呼ばれれる守備に独特な美学のあるイタリアが日本人を重宝

その理由は「勤勉さ」ではないだろうか

イタリアのサッカーにおいて守備は連動しており戦術に忠実で独りよがりなプレーは全てのプレーの妨げになる

その点において過去にセリエAで活躍した外国人は皆真面目で堅実

それは南米のブラジル人やアルゼンチン人をしかり

サネッティやカフ―が代表格

キャプテンを任せられる真面目な人物が活躍

長友・富安そして吉田とこの条件に当てはまる

そしてこの吉田の移籍に大きな影響を与えたのは富安なのではないかと考えられる

日本代表に定着したこの若いDFのセリエAでの活躍は日本人センターバックの評価を高めたことが影響していると考えられる

日本のセンターバックの二人がカルチョの歴史を変える日は近い

ジャポネーゼ=サッカーが下手な人・・は過去の話 サッカー日本代表U-22がブラジル代表撃破!サッカー王国ブラジルが日本を認めた!

国際親善試合でサッカーU-22日本代表がブラジルUー22代表を撃破!

ブラジルU-22代表にはレアルに入団したロドリゴ(久保と同時期に入団)など世界が注目する選手ばかり・・

2対3で勝利・・

最近こそワールドカップ出場の常連となり海外で活躍する日本人もめずらしくないが・・

10~15年前では考えられない

アトランタオリンピックでブラジルに勝利した時、奇跡と報道され今でもその選手・監督はプロフィ―ルに必ず記載されるくらいの出来事であったが・・

今回のニュースは大きく報道されるもビックニュースではない印象・・

川崎フロンターレの田中碧選手2得点 

選手達もブラジル選手の上手さやオリンピックのメンバーに選ばれるためにレベルを上げたい、やれないことはない・・など落ち着いたコメントばかり

浮かれておらずこの変化が日本が強豪国に近づいている証拠

特に若い年代は海外・外国選手へのコンプレックスがなく頼もしい・・

この調子でどんどんブラジルやドイツ・イタリアやスペインなどフル代表を含めどのどん勝利して欲しい・・

表題にある「ジャポーネーゼ」ですが・・

ブラジルではサッカーの下手な人のことを揶揄い「ジャポネ―ゼ=日本人」と呼んでいたらしいがもう呼ばれていないことを願う

いや呼べないでしょう・・

ブログランキングに協力をお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村

へベレン移籍決定 小林 祐希 この男が日本の常識を変える!

ヘーレンフェーンを退団して所属先が決まっていなかった小林 祐希のベルギー へベレン移籍決定 背番号10 (10番がよく似合う)

この天才について少し説明・・

JACPA東京FCに所属していた小学6年には、出身地の至近距離にクラブハウスを持つFC東京からも高く評価され、U-15チーム入団が決まりかけてたみたいですけど、小林の獲得を熱望するヴェルディジュニアユースは、ヴェルディが主催する小学生の練習会会場にFW森本貴幸(現福岡)を呼びよせ、小林に対し「トップチームで俺にパスをくれ」と口説くように指示。森本に口説かれたことで、小林はヴェルディジュニアユース入りすることになったらしい。作戦勝ち

順調にトップ昇格して2年後には19歳で東京Vの主将に就任したことは期待の表れでしょう。
のちに磐田へのレンタル移籍・完全移籍となりますが名波浩監督就任後、大成長

名波監督と言うことは素直に聞いてた印象がありますね
やっぱり天才には天才が一番説得力があると思います。
その後、オランダのへ―レンフエーンに移籍。活躍してました。

左利き、特徴的な髪型、強気なコメントなど本田圭佑と似てると言われてますがプレーは小林のほうが天才的ですね

俳優の竹内涼真は東京ヴェルディユース時代のチームメートだったことは有名な話。
竹内の1個上の代です。

代表複帰の時「俺が俺が」じゃなくてチームに自分を合わせていくと発言したところは海外での経験が活きてるんでしょうね

うまくても戦術にフィットしないと出場できないことの重要性が身に染みてるんでしょう

そんな一皮むけた天才に期待が膨らみます

日本の常識を破るのはこの男しかいない・・

リーガでの侍たち 2部で放つオーラ 香川・岡崎・柴崎

今期のリーガエスパニョーラは日本にとって大きな関心を集める

レアルとバルサというビッククラブに久保 建英と安部 裕葵が加入

トップチームではないまでもチャンスがないわけではない

なぜなら2部の日本人フィーバーが凄い

レアルサラゴサの香川真司

マラガの岡崎慎司

デポルティボの柴崎 岳

この実績十分の日本代表がスペインで躍動

イニエスタやフェルナンドトーレスのJリーグ入りでスペインの日本への関心も強くなり

関係は良好

特に香川は好調を維持し目の肥えたファンを魅了している

この3チームは歴史も古く古豪として君臨しておりファンも多く一部復帰を強く願うフロントやサポーターの熱量は高い

岡崎の献身性はすぐファンのハートを掴むだろう

柴崎についてはスペインサッカー歴も長く2部では特出している

乾を加えスペインの地は日いづる国の選手が大きな太陽として活躍するに違いない

日出る国で起きるスペイン帝国の内戦 バルサ対レアル 

バルサの下部組織出身である久保 建英のバルサではなくレアル移籍という激震が走ったこの移籍騒動は、やはりすんなり終焉とはいかなかった・・

安部裕葵のバルサ移籍・・

先月正式オファーが来たバルサへの移籍を決断

移籍金は設定金額を上回る約200万ユーロ(約2億5000万円)らしい

鹿島で10番を背負うこの若者は才能豊かで先日の南米選手権でも日本代表でも活躍

色々なところからもう少し出場機会があるチームに移籍した方がいいとの声もあるが、この若者は全国的には無名の瀬戸内高校でたまたま鹿島のスカウトが発屈した、いわば雑草プレーヤー。エリートではないがその分メンタルが強くいい意味で迷いがない

久保を下部組織出身だからといって呑気に交渉してたら宿敵レアルに取られる大失態・・

昔の日本人選手なら年棒が下がってもビッククラブに移籍したいって感じだったが・・

選手の意識も成熟して本当のプロになってきたような気がする・・

その中でバルサが以前から注目していたこの稀代のドリブラーの獲得を急いだのは「バルサ」のネームバニューも日本人選手には効かなくなっているという危機感からであろう

そして、クラブW杯で鹿島の選手としてレアルに最後まで戦いを挑み続け負けて号泣する姿が印象的なこの選手を獲得することはある意味「バルサ」として大きな意味を持つ

バルサはC大阪に決まっている西川にもオファーという情報も・・

楽天のスポンサーで安心してたら急に動き出した

ただビッククラブでもこんなにガムシャラに動く選手獲得市場ってやっぱり凄い

その市場に日本人選手の名前がでることの凄さに益々感慨深さを感じる

ジーコが南米選手権の印象に残った選手に久保ではなく安部をあげていた・・

ジーコの眼力の正否は後のクラシコでの日本人対決でわかるだろう

ジーコの称えた3人

南米選手権は惜しくもグループリーグ敗退となった日本代表。

その日本代表について日本サッカーを誰よりも知るジーコは称えた3人の選手は富安・三好・中島

確かにすばらしかったが・・・

久保建英が入っていない

レアルマドリードでBチームではなくジダンがAチームに呼ぶとか移籍金が400倍まで膨れ上がったとか期待させるような報道の中、このジーコの発言・・

とても意味深

久保への愛情なのかどうかはわからない