仲川 輝人はなぜ名の通り輝く人となったのか 川崎下部組織→専修大学→横浜Fマリノス

令和元年のJリーグ 最終節を残し3連覇を狙う川崎フロンターレと常勝軍団鹿島アントラーズを抑え開幕から好調を維持してきたFC東京と徐々にプレッシングサッカーで勝ち点を重ねてきた横浜Fマリノスとの一騎打ちとなった その横浜F

田中達也は時代を切り裂いた大友宗麟?筑後→肥後→豊後 時空を超えるスピードで豊後の国で覚醒!

躍進大分トリニータの左サイドで抜群のスピードで相手を切り裂く      韋駄天 田中 達也! 福岡(筑後)で生まれ熊本(肥後)で成長し大分(豊後)で覚醒! この三県を統治した豊後の武将 大友宗麟は時代離れしたスピードで勢

青い稲妻 オナイウ阿道 大分の阿道から世界の阿道へ

令和元年11月6日 大分トリニータのJack Knife オナイウ阿道が日本代表に選出 この男に特徴はフィジカルはもちろんだが相手DFの裏を常に狙うジグザクスラローム・・この動きに相手DFは困惑し体力を消耗・・隙を見せれ

ワイルドYouTuber 伊佐 耕平 玄人好みの「気の利いたプレー」で大分トリニータの躍進を支える

好調大分トリニータを支える炎のストライカー伊佐 耕平 度重なる怪我にも不屈の精神で蘇り、試合に出場すればファ―ストディフェンスで相手DFを困惑させ、正確なポストプレーで味方の攻め上がりを促し、チームに推進力を与える玄人好

北の大地で育ち九州で芽吹き大輪の花へ 大分トリニータの貴公子 松本 怜


大分トリニータの右サイドといえば・・

レイチェルこと松本怜!

スピードとタイミングの良いアップダウンで相手を困惑

正確なセンタリングやカットインはわかっていても相手は止められない

スピードのある選手にありがちなやみくもに前に推進するプレーではなく味方のタイミングや相手にディフェンスラインの綻びを絶妙に掻いくぐる姿は相手サポーターからも感嘆の声が・・

この知性あふれるスピードスターの魅力は・・

それは「貴公子」とよばれるほどの容姿とのギャップがある「熱さ」である

北海道の大地で生まれ幼少期は横浜Fマリノスに憧れ下部組織の入団の夢破れ名門 青森山田高校で才能に努力を加え成長。大学も名門早稲田大学に進み着実にプロサッカー選手となるための礎を確立。そして幼少期からの念願であった横浜Fマリノスの入団を勝ち取る。

横浜Fマリノス入団後は才能の片鱗を見せ期待されるも中々レギュラーではなく途中交代での出場に甘んじていた中、運命のオファーが・・

J1に昇格したばかりの南国九州の大分トリニータが北に大地が生んだスピードスターの獲得を熱望

他のチームからのオファ―があったものの運命の決断で期限付き移籍となった

開幕からレギュラーとして活躍も2度の長期負傷離脱。この優秀な右翼をシーズンを通して起用できなかったチームはJ2降格

横浜Fマリノスに復帰の選択肢もあるなか期限付き移籍を延長

その後完全にチームの中心となりチームへの愛着から完全移籍。

名実共にトリニータに象徴となるもJ3への降格の憂き目にあう

またしても移籍の可能性があるも残留を決め1年でのJ2昇格に貢献

J1のチームからの度たびのオファ―を断り「このチームをもう一度J1へ」との願いから残留し見事J1昇格を果たす

この男気あふれる振る舞いはサポーターの心をつかみ絶大ざる人気を博し栄光と挫折を知る大分トリニータの歴史の中でも稀有な存在であるのは言うまでもない

数年前までJ3にいたチームがJ1の快進撃は片野坂監督の手腕と松本怜の若い選手を引っぱる強い精神力だと称する人は多い

この貴公子の中にある熱く燃えたがる闘志と大分トリニータを愛する心は色あせることはない

北の大地の冷静さと南国九州の熱い魂が今後も大分トリニータの躍進の鍵を握る

大分の右翼は・・・

熱く速く羽ばたき続けるのである・・

ブログランキングにご協力下さい!

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村


サッカーランキング

相手FWが嫌になる愚直さ 大分トリニータの堅守を支えるキャプテン 鈴木義宜 

「義」とは他者に対して義(ただ)しい、誠実な、偽りのない態度で臨むこと、またそのような態度が可能である魂の状態をいう 宜しき義(ただ)しい選手 名はその人を表す まさに鈴木 義宜はそんな選手だ・・ 宮崎県出身 高校は鵬翔

不屈の精神 新井章太 川崎フロンターレ ルヴァンカップ優勝 MVP獲得 折れない心は大久保嘉人との居残り練習の成果

第25回ルヴァンカップは激闘の末コンサドーレ札幌を下し川崎フロンターレが初優勝 試合は試合巧者の川崎フロンターレのペースで進むも後半ATでコンサドーレが追いつくシーソーゲーム 延長でコンサドーレが得点を決め逃げ切ると思い

お金でスター選手は買えるが勝利は買えない 大分トリニータの挑戦

天皇杯準々決勝が行われ大分トリニータがヴィセル神戸に敗れた 大分トリニータの昨年強化費は約4億円 ヴィセル神戸の強化費は約40億円 資金面で10倍の差があるチームの対決であった 結果はヴィセル神戸の勝利・・ 資金が多けれ