コバヤシ ユウキ と言えば?小林裕紀と答えたあなたはサッカー通!

コバヤシ ユウキと言えば?

比較的ありそうな名前ですがサッカーに興味にない人は思いつかないかも

しかしそのサッカー好きも迷う

わたしが知る限りサッカーのメジャーシーンに3人いる

①へベレン 元日本代表 小林 祐希 

ヴェルディユース→東京ヴェルディ→ジュビロ磐田→オランダ ヘーレンフェーン→ベルギー へベレン

②大分トリニータ 小林 裕紀

ヴェルディユース→明治大学→ジュビロ磐田→アルビレックス新潟→名古屋グランパス→大分トリニータ

③横浜FC 小林 友希

神戸U-18→ヴィッセル神戸→町田ゼルビア→横浜FC

同姓同名が三人もサッカー界に・・

しかも名前の字は違う

この中で小林裕紀が思いついた方

かなりのサッカー通です

なぜサッカー通かというとプレースタイルが分かる人しかわからない・・

地味だけどチームには一人は欲しいプレーヤーだからです

①の小林祐希は元日本代表でヴェルディ下部組織が生んだ最高傑作と名高い天才

③の小林友希はU-20ワールドカップで活躍した新進気鋭の若手DF

そして②の小林裕紀

①の小林祐希と同じヴェルディ下部組織出身

ヴェルディジュニアからの所属で生粋のヴェルディ育ち

ジュニアユースではアビスパ福岡の森本と同期

明治大学ではのちに共にジュビロ磐田に入団する山田 大記が同期

そして忘れていけないのが現在所属の大分トリニータでチームメートのGK高木駿は、ヴェルディジュニアから明治大学まで全て一諸(高木が一学年下)

実力者揃いのヴェルディの下部組織でも突出した存在でテクニシャンの多いチームの中で確かな技術と戦術眼でバランサーとして活躍

明治大学でも黄金期を形成

そして鳴り物入りで名門ジュビロ磐田へ

ジュビロ磐田でも入団1年目からレギュラーとして活躍

その後アルビレックス新潟や名古屋グランパスでも地味ながらも大きな存在感で指揮官の戦術を体現するグランド内の指揮官として躍動

そしてJリーグの中でも特異な戦術で躍進する大分トリニータからオファーを受けリーグ途中に加入。途中加入ながら片野坂監督の意図するサッカーをいち早く理解し欠かせない選手となっている

過去に在籍したチームメイトが変えの効かない選手と口を揃える

派手なプレーはないがとにかくミスが少ない

かといってプレーが消極的ではない

ボールのあるところに・・小林

小林の動きで相手DFがつられて・・

得点までの道筋にはいつも小林が・・

そんなサッカー関係者が唸るいぶし銀のプレー

Jリーグで躍進する大分トリニータにおいて大きなタクトを担うこのMFに注目

余談ですが

苗字が小林で子供をプロサッカー選手にしたい方

子供の名前を「ユウキ」にするのが近道かもしれません・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。