大分トリニータの聖地 竈門神社 鬼滅の刃との共通点

2019年 J2からJ1帰ってきた大分トリニータ

一度はJ3まで落ち見事J1に帰ってきたもの厳しい戦いが予想された

しかし片野坂監督のショートカウンター(疑似カウンター)が炸裂し強豪チームを次々と撃破!

Jリーグにトリニータ旋風を起こした。

その大分トリニータにとって大分県別府市にある竈門神社は大分トリニータのマスコットである「ニータン」生誕の地として有名な大分トリニータにとって聖地と呼ばれる神社である。

その大分トリニータの聖地と呼ばれるこの竈門神社は大分トリニータファンが毎年多く訪れるが最近はそのファンよりも多くの違うファンが訪れている。

それは「鬼滅の刃」ファン!

その「鬼滅の刃」の主人公、竈門炭治郎の名と神社名など多くの共通点がありファンの中で鬼滅の刃のストーリーはこの神社が由来なのでは・・とネットで騒がれる。

その噂が噂を呼び全国各地からファンが訪れ絵馬には「鬼滅の刃」のキャラクターが書かれ祈願されている。

人食い鬼が主の話という類似点

神社は現れる悪鬼が一晩で99段の石段を造ったが、100段目の完成直前による夜が明けて逃げたと言われるいびつな石段がある

「鬼滅の刃」でも太陽を嫌い夜が明けると逃げ出すシーンがある

又先ほどの主人公  竈門炭治郎 の名前など作中の登場人物と名前が似ているものが多く その登場人物の中で竹で口を押えるものがおり、この竈門神社がある別府市は竹細工が有名であり共通点は本当に多い

ことの真相はわからないが

この鬼伝説の神社では

鬼滅・・鬼退治で盛り上がっているのは確かである

コロナウイルスの影響で観光都市である別府市も大打撃を受けている

この「鬼滅の刃」ブームでの観光客の増加を期待したいところ

観光客減少という「鬼」

大分トリニータは昇格しJ1リーグ2年目のジンクスという「鬼」
 
この二つの鬼退治を期待したい! 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。