カテゴリー別アーカイブ: 未分類

大分名物「りゅうきゅう」と「知念 慶」

2019年シーズンJ2からJ1に昇格した大分トリニータ

この地方チームは大方のサッカー評論家の予想に反して9位と躍進

J12シーズン目を迎えるチームは川崎フロンターレからレンタル移籍で知念 慶を獲得

昨シーズン同じレンタルで獲得したオナイウ阿道が大活躍

日本代表に選出されるまで成長

その活躍でJリーグ王者横浜Fマリノスからのオファーが届き、移籍を勝ち取った

そのオナイウ阿道の抜けた前線の核となる選手を期待されこの沖縄出身のアタッカーに白羽の矢が立ったのである

知念 慶

25歳

沖縄出身 

知念高校(同じ名前?)→愛知学院高校→川崎フロンターレ

正直川崎フロンターレに入団した時は経歴がマイナーでどんな選手なんだろうと思っていたが試合を見て川崎フロンターレのスカウトの優秀さに感心させられた

川崎フロンターレは今までセンターFWに突進力があり献身性の高いFWを配置しテクニカルな選手との融合で得点を重ねてきた

過去には鄭大世や我那覇・黒津・矢島など

現在は小林悠やレアンドロダミアン

この流れを組む突進力がありシュート力のあるFW

それがこの知念 慶である

身長は177cmであるががっちりとした体形と独特の雰囲気で180cmを超えているよう見える。

ちなみに雰囲気の話だが川崎フロンターレでのチームメイトだった家長の雰囲気は別格だがこの知念にも同じような雰囲気があるように思える

相手DFが怯んでしまうような・・

味方が何かしてくれようだと期待するような・・

味方がまっ先に目に入るような・・

そんな特異な雰囲気

限られた選手しかないような雰囲気がこの選手にはある

2020年にJリーグが開幕し大分トリニータはセレッソ大坂と対戦

結果は1対0と敗戦も知念は幾度となくセレッソゴールに迫りセレッソ守備陣に恐怖を与えていた

何度も何度の諦めずゴールに迫る姿は味方を鼓舞し、対戦相手を失意へのカウントダウンに誘う

カタノサッカーの醍醐味である疑似カウンターやサイド攻撃の起点となるポストプレーで重要な役割を担う

大分県には「りゅうきゅう」という郷土料理がある

魚の刺身に醤油とゴマそしてネギを絡めた料理

名前の由来は諸説あるが沖縄から伝来してきたという説もある

沖縄古来の琉球王朝から取られた名前

「りゅうきゅう」は大分県民皆が愛し、親しみのある名

同じように「知念 慶」は大分にとって皆に愛され、大分に歓喜を呼ぶ存在になるかもしれない

カズが引退するまで・・

全国のサッカー人口は約12万人

子供から老人まで幅広い

基本的にアマチュアに引退などない

若い内はそれなりのチームに入りレギュラーとして活躍するも年齢が高くなると若い選手の加入でサブに降格。レベルを落ちるチームに移籍しまた活躍しても年齢や仕事や家庭の両立ができずまたサブに降格となる。そしてまたレベルを下げたチームに移籍とこのサイクルを皆経験しているはず

このサイクルが嫌になりサッカーをしなくなる人もいるし、怪我や年齢的に走れなくなり引退する人も・・

そんな全国のアマチュアサッカープレーヤーにとってカズは特別な存在

プロ選手にとってもカズは特別な存在だが・・

アマチュアプレーヤーは皆少しでも長くサッカーをしたいのが希望であり「カズ」の存在は引退を考えた時に大きな心の拠り所になるのである・・

そう・・この魔法の言葉

「カズが引退するまで俺も引退しない!」

毎年何人のおじさんプレーヤ―が酒を飲みながら言い放っているであろう

裏を返せば

毎年何人のおじさんプレーヤーがカズの引退に怯えているであろうか

カズ引退=自分の引退となる人はかなりいるはず

毎年のカズの契約更改発表は背番号にちなんで11月11日11時11分

このニュースを見て小さくガッツポーズしてるのはあなたの近くのおじさんプレイヤーです。

バウル引退!サッカーを追求し続けた土屋征夫!「努力の天才」が残したプロフェッショナル!

東京23FCに所属する土屋 征夫が引退を表明した

ヴェルディ川崎やヴィッセル神戸・柏レイソルで活躍した名DF

へディングの強さと粘り強い守備・気持ちを全面に出した熱いプレーが特徴

風貌からストイックな印象も心優しい人格者

良きパパでありチームメイトから慕われる45歳「おっさんプレーヤ―」の引退は寂しい

経歴は決してエリートではなくかなり特異

幼少期は名門三菱養和SCに所属するも高校ではクラブチームに所属せず高校にサッカー部に入部するもクラブチームとの違い(上下関係)ですぐに退部。その後高校3年間書道部に所属(現在の風貌にマッチしており勇壮な書を書きそう)。一番サッカー選手として伸びるであろう16~18歳に公式戦でプレーしていないJリーガーは土屋の他いないであろう・・

それでも高校卒業後にサッカーを諦められずブラジルへのサッカー留学を決意。

ブラジルで死に物狂いでサッカーに取り組む姿を東京ヴェルディ(当時ヴェルディ川崎)のスタッフが見つけ練習生としての参加を経て正式に契約

この経緯はボンバー中沢と似ており、当時常勝軍団であったヴェルディのハングリー精神あふれる無名選手を獲得するスカウトの度量の広さは目を見張る

ちなみにあだな「バウル」はブラジルの地名 元ヴェルディで活躍した長身FWマグロン命名

トップ選手がひしめくヴェルディではレギュラーまではいかずも出場する試合では存在感を十分に発輝していた

そしてヴィセル神戸からのオファーを受け入団

サイドバックからセンターバックにコンバートし才能は開花

シジクレイ・北本とともにスキンヘッドトリオで鉄壁の守備を披露

その後柏レイソル・大宮アルディージャ・ヴァンフォーレ甲府・京都サンガFC

そして最後のクラブとなった東京23FCにて選手生活にピリオドを打った

決してエリートではないこのDFが長く、そしてサポーターに愛される選手でいられたのか・・

それは「努力の天才」であり逆境に負けない精神力に他ならない

才能あふれるライバルに勝つためには・・

ベンチにいてもいつ出番が来てもいいように・・

誰よりも努力してきた自信を胸に・・

伝道師にように自らに道を一歩一歩着実に歩んできた自分を信じて・・

この「努力の天才」はプレーヤーとしては終わりを迎えたが

日本サッカーの「伝道師」としての役目に終わりはない・・

ブログランキングにご協力下さい!

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村


サッカーランキング

もしサッカーでもドラフト会議が行われたら・・どうなる?

毎年この時期は野球のドラフト会議の話でメディアはもちろん様々のところで激論が繰り広げられる

甲子園にスターやメジャーも注目の選手や無名ながら才能豊かな原石たちに注目が集まる・・

今年は大船渡高校の佐々木投手・・

サッカー好きのわたくしは大船渡高校といえば元日本代表で大船渡高校から鹿島アントラーズに入団した小笠原満男でしか知らなかった高校だが小笠原以来のスター選手輩出で大船渡は沸きに沸いているであろう・・

さてこのドラフト会議は選手にレベルを均等するためもしくは資金力のあるチームばかり有力選手を獲得しないようにとの配慮だと思われる・・

サッカーではこのドラフト制度などなくクラブが直接選手もしくは親や所属チームの監督と交渉することが日本及び世界サッカーの主流である

野球とサッカーの違いは歴史も違えば模範となる海外のリーグも違う

野球はアメリカメジャーリーグのドラフト制度を参考に行われている

アメリカといえばバスケットやアメフトなどもドラフトが行われ成績が下位のチームから順に選択していき選手レベルの均等をはかるポピュラーな制度である

平等という利点はあるが選手が行きたいチームに行けないという弊害もあり日本も入団拒否など今までも色々とドラマが繰り広げられてきた

しかし、サッカーについては南米や欧州のサッカー事情は若い年代からスカウトにより選手を獲得し代理人が暗躍する「お金」に対する部分はシビア。幼少より自分の価値(お金)を評価するチームに移籍しステップアップするシステムは野球とは大きく違う

小さなクラブは才能ある選手を獲得しビッククラブに売却しクラブ経営の基盤とする・・成績も求められ経営と成績のバランスが難しい

ビッククラブは高い移籍金でも良い選手を獲得し良い成績をおさめ、優勝賞金や放映権・入場料やグッズの収益でクラブの基盤を形成する・・人気や収益力が高い分サポーターも成績について厳しく監督や選手は常勝を求められる

ドラフト会議がサッカーで行われれば・・それはそれで面白いかもしれないが

サッカーはまだ高校生や大学生の有望選手を新聞やメディアはよっぽどの選手じゃない限り取り上げず、ドラフト自体サッカー好きしか盛り上がらないかもしれない

高校サッカー選手権で活躍した平山や大迫などは大きく取り上げられたがその他の選手はサッカー好きじゃなければ知らないのが現実である

そしてJリーグの成熟に伴い下部組織が充実し下部組織出身のJリーガーが多くなった。ドラフトなど考えられない小学生の年代から、カテゴリーを上がりプロになる道筋を実力があれば実現できるこのシステム。

ドラフトのようなドラマはなく現実的なプロへの道筋が確立している

しかしながら大きな報道や人間模様など人々に様々な感情を与えるこのドラフト制度はプロスポーツのコンテンツとしては野球という日本スポーツの歴史に大きく寄与しており野球人気の大きな要因となっているのは否めない

****高校の****君はJリーグの***かリーガの*****に入団するらしい

なんて情報がサッカーも頻繁に報道されるようになることを願う

ドラフト制度の一喜一憂は野球人気の根強さを浮き彫りにしたような気がする

ブログランキングに協力お願いします

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村

ラグビー日本代表のスパイクはサッカースパイク?

ラグビー日本代表がスコットランドに快勝 史上初の決勝トーナメント進出を決めました!

全勝での決勝トーナメント進出で日本中が大いに沸きました・・

そのラグビーはサッカーと大きな関係性を持っており同じイギリスで生まれたスポーツであることは前回説明しましたが・・

そのラグビー選手達の足元に注目!

気づかれてる方もいるかもしれないが・・

サッカーしてる方には見慣れたメーカーやデザインが・・

そう選手に約半数はサッカーのスパイクを履いているんです・・

それはなぜか・・

ラグビー用にスパイクはあるんですがそれは主にFWのポジジョン

そうラグビー用にスパイクは耐久性に優れ丈夫で厚いスクラムを行う体格の良い踏ん張ることが多い選手には合うが、後方やサイドのスピードや細かいステップで相手をかわすポジションの選手には重くて合わない・・

そこで芝に合いキックもでき細かなステっプも可能なサッカー用にスパイクを使用する選手がいるわけです!

益々盛り上がるラグビーですが選手の足元に注目してみるのも面白いかも・・

自分の履いてるスパイクが見れるかも・・

ブログランキングに協力お願いします!

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村

ラグビー日本代表 大金星 世界ランキング2位 アイルランド撃破 2大会連続ジャイアントキリングの意味 サッカー日韓ワールドカップとの関係

ラグビー日本代表がワールドカップ日本大会予選リーグで世界ランキング2位のアイルランドに勝利!!

前回大会南アフリカに勝利と同様格上に勝利の大金星

この快挙が意味するものは・・

日本においてスポーツ認知度においてまだまだ低いラグビー

ルールの難しさなどの要因はあるが高校ラグビーの聖地 花園や実業団ラグビー 神戸製鋼や昔では新日鉄釜石などは有名だが選手人口やファン人口においては野球やサッカーに及ばない

しかし競技自体は有名な「ワンフォアオール オールフォアワン」「ノーサイド」

にある、激しく勇気あるプレーとチームプレー、相手を称えるリスペクトの精神が素晴らしい

前回のラグビーワールドカップで格上南アフリカに勝利したシーンは多くの人を感動させラグビーの素晴らしさを教えてくれた

今回のワールドカップ日本開催の盛り上がりは前回大会の活躍が大きく起因している

やはり大きな大会が日本で開催されようとも自国にチームが弱ければ元々にファン以外は興味を持つことはなくそれは選手人口の増加・ファンの増加に繋がらない

逆に言えば今回に自国開催での成績次第では前回大会の活躍の流れに水を差す可能性だってあったのである

しかし、しかし・・

第1戦のロシア戦に勝利し第2戦の世界ランキング2位のアイルランド撃破

史上初の決勝トーナメント出場にまた一歩近づく大躍進

この事実に日本中は大興奮

出場チームのニュージーランドなどの勇壮な「ハカ」や試合後に相手チームを称える姿に日本全土が感動し「ラグビー」というスポーツにす素晴らしさを直に感じている

この時点で大会は大きな成功を収めているがこの人気を維持していくことが重要である

このような状況はサッカーワールドカップ日韓大会と似ている

日本サッカーはJリーグというプロリーグを設立し1998年フランスワールドカップに初出場、2002年に日韓ワールドカップを迎え決勝トーナ―メント進出という大きな結果を残した。

サッカーの認知度はこのワールドカップ自国開催で大きく変貌したのは事実である

自国と世界のプレーに目の当たりに感動を受けた人は多い

そう・・ラグビーワールドカップ日本大会と同じなのである

サッカーはその後ワールドカップ連続出場を続け、選手は海外チームに引き抜かれJリーグのチームは増加、競技人口・ファン人口は増加してる

そう・・今回のラグビー日本代表の活躍、ワールドカップ日本大会の盛り上がりは日本ラグビー界の未来を明るく照らしている

最強アマチュア軍団 HondaFC なぜ浦和レッズを撃破できたのか・・

天皇杯でJFL所属にHondaFCがJ1の浦和レッズに2-0の快勝!

3つ下のカテゴリーながらACLに残っているBIGクラブ浦和レッズになぜ勝つことができたのか・・

そのHondaFCとは・・

だれもが知る世界企業本田技研工業のの創業地でもある浜松製作所に置かれた浜友会サッカー部を母体として創部。プロ契約の者を除き、午前中は会社で仕事をし午後から練習という実業団。実業団ながら地域密着型クラブとして活動し下部組織がある。

アマチュアでは珍しくクラブ自身が所有する自前のスタジアムである。

JFL優勝7回にアマチュア最強クラブ

Jリーグのできる前にJSL(ジャパンサッカーリーグ)1部に所属していたが景気の低迷の影響を本田技研工業が受けJリーグ参加を見送った。その時の主力はJリーグチームに移籍。鹿島アントラーズに黒崎久志・長谷川祥之。読売クラブ時代に北沢豪 ヴェルディに石川康。主力が抜けたがJSLがJFL(ジャパンフットボールリーグ)に移行しそのまま参加。アマチュアチームとして活動。

アマチュアの雄として活動し選手はプロへステップアップする選手を多数輩出

現在のチームでも活躍する古橋達弥がセレッソ大阪 宇留野純がヴァンフォーレ甲府

村松 大輔が湘南ベルマーレ など・・

あまりの強さゆえJリーグを目指す他のJFLチームにとって昇格に毎年大きく壁となっていた

サッカー処静岡県に浜松市で活動するこのチームは母体である本田技研工業同様、堅実且つ真摯に向き合う姿勢に共感するものが多くJリーグ加入できる実力者もアマチュアとして活動するこのチームに加入希望するもの、サポーターもアマチュアには珍しくサポーター活動が活発である。そしてJリーグの理念と同様地域活動に力を入れているのが特徴。

カリスマ経営者 本田宗一郎の理念を受け継ぐかのような堅実・実直なチームである

このような時代に流れに左右することもなくただ実直にサッカーに打ち込むこのチームは在籍経験にある経験豊かな古橋などの活躍と又在籍経験のあるグランパスで活躍した井幡を監督に迎えプロ経験者にエキスを加えアマチュアでしか表現できない「らしさ」を追求し強力なチームを維持し続けている

今回、浦和レッズを撃破したのは決してフロックではなく、ただ純粋に強いチームだったからである。

HONDAJETはまだまだ飛び続けるかもしれない・・

アイルランド対スコットランドって日本でいうと九州対四国?

ラグビーワールドカップ日本大会が盛り上がってます!

9月22日アイルランド対スコットランドの対戦がありました

サッカーでも欧州選手権予選などで見るカードです

イングランド対ウエールズなど・・

しかしこの4チームは俗にいうイギリス・・そう英国です・・

ィギルスとはイングランド・ウエールズ・スコットランド・北アイルランドの4つの「カントリー」と呼ばれる「国」が連合体として形成する独特な統治体制を取っています

日本でいうと北海道・本州・四国・九州・沖縄みたいなものでしょうか・・

ではなぜ世界的に国家と認められていない「国」がワールドカップに英国としてではなく参加できるのか・・

それはイギリスはサッカーやラグビーなど多くの競技が発祥もしくは近代スポーツとして整備された地域であり伝統的な配慮から国際競技団体ではイギリス単体ではなくイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド(ラグビーに関してはアイルランドにまとめている)の4地域それぞれの加盟を認めているのである

だからオリンピックは単一国家としての出場が大原則のためイギリスはオリンピックにおいてサッカーで出場していなかったが、ロンドンオリンピックで統一チームで出場したことは歴史的なことであった

ですので・・イギリス代表は

イングランド代表に・・

ウエールズ代表にベイル(レアルマドリード)

北アイルランド代表 エヴァンス(レスターシテイ)

スコットランド代表 ダレンフレッチャー(ストークシテイ)

なんて選手が加わることになります・・

ライアンギグスがウエールズ代表を選択したためワールドカップに出場できませんでしたがもしイギリス代表として参加してたら見れたのに・・と嘆くサッカーファンも多いはず・・

この歴史的背景を知ると、この4チームの対戦カードは違った視線で見ることができ、興味深い試合となるでしょう!

ドイツが生んだ最高の兄弟 アディダスとプーマのライバル関係とは

ブンデスリーガ バイエルンとドルトムントの試合はデア・クラシカ―と呼ばれドイツ最大のダービーマッチ

この2チーム間の移籍は禁断の移籍と言われているがレバンドフスキやゲッツェ・フンメルスなど過去に移籍し大きな物議を交わした強いライバル関係

この2チームにはもう一つの奇妙なライバル関係がある

それはユニフォームサプライヤーのライバル関係

バイエルンはアディダス ドルトムントはプーマ

この世界的スポーツメーカーはもとは一つのメーカーであったのは有名な話

もとのに社名は「ダスラー」

第二次大戦以前の話でありかなりの老舗メーカー

このメーカーは兄 ルドロフ・弟 アドロフのダスラー兄弟が設立

順調に経営していたが兄弟げんかが勃発・・

会社を突然閉鎖

兄 ルドルフは食肉目ネコ科のピューマを語源に「PUMA」を設立

弟はアドロフの名のあだ名「アディ―」からアディーダスラー・・「adidas]を設立

二人とも独立後に訴訟しあうなど仲の悪さは酷くなるばかり

同じ町で設立したものだから町もadidas派かプーマ派かを歩く人の足元を見て判断していたのは有名な話

このダスラー兄弟死後はメーカーとしてはライバル関係でもドイツのメーカーとして世界規模のスポーツメーカーとして切差琢磨して良好な関係となる

しかし・・

このメーカーがサプライヤーのドイツ2強チームバイエルン・ドルトムントのダービーは尋常じゃない激しさを毎回繰り広げられる

ダスラー兄弟の兄弟喧嘩があの世から乗り移っているかのように・・

そんなことを思いながら見るデア・クラシカ―も面白いかもしれない・・

ブログランキングにご協力ください!

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村

サッカーとラグビーの奇妙な関係 ラグビーワールドカップ開幕

ラグビーワールドカップが開幕しました!

日本代表は開幕戦ロシアに快勝!素晴らしい!

4年に一度じゃない一生に一度だ!←このフレーズが好きです!

そのラグビーはサッカーと同じイギリス発祥なのは有名ですが

なんと・・もとは同じ!!!!

ラグビーの起源は、「1823年、イングランドの有名なパブリックスクールであるラグビ

ー校でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま

相手のゴール目指して走り出した」ことだとされている・・そうです

勇敢でファザチームのプレーに感動するのはサッカーと同じ

緑のピッチで身体をぶつけ合い勝利に沸き敗戦に泣く姿に感動します

せっかくの日本開催ですのでサッカーの兄弟みたいな関係と思いながら

ラグビー観戦を楽しむのもいいかな・・

余談ですが・・ニュージーランドの「HAKA」はかっこいい

「HA]は息「KA」は炎 

試合前に恐怖心を外に出す儀式です 一見の価値あり!


サッカーランキング

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村