カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ラグビー日本代表のスパイクはサッカースパイク?

ラグビー日本代表がスコットランドに快勝 史上初の決勝トーナメント進出を決めました!

全勝での決勝トーナメント進出で日本中が大いに沸きました・・

そのラグビーはサッカーと大きな関係性を持っており同じイギリスで生まれたスポーツであることは前回説明しましたが・・

そのラグビー選手達の足元に注目!

気づかれてる方もいるかもしれないが・・

サッカーしてる方には見慣れたメーカーやデザインが・・

そう選手に約半数はサッカーのスパイクを履いているんです・・

それはなぜか・・

ラグビー用にスパイクはあるんですがそれは主にFWのポジジョン

そうラグビー用にスパイクは耐久性に優れ丈夫で厚いスクラムを行う体格の良い踏ん張ることが多い選手には合うが、後方やサイドのスピードや細かいステップで相手をかわすポジションの選手には重くて合わない・・

そこで芝に合いキックもでき細かなステっプも可能なサッカー用にスパイクを使用する選手がいるわけです!

益々盛り上がるラグビーですが選手の足元に注目してみるのも面白いかも・・

自分の履いてるスパイクが見れるかも・・

ブログランキングに協力お願いします!

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村

ラグビー日本代表 大金星 世界ランキング2位 アイルランド撃破 2大会連続ジャイアントキリングの意味 サッカー日韓ワールドカップとの関係

ラグビー日本代表がワールドカップ日本大会予選リーグで世界ランキング2位のアイルランドに勝利!!

前回大会南アフリカに勝利と同様格上に勝利の大金星

この快挙が意味するものは・・

日本においてスポーツ認知度においてまだまだ低いラグビー

ルールの難しさなどの要因はあるが高校ラグビーの聖地 花園や実業団ラグビー 神戸製鋼や昔では新日鉄釜石などは有名だが選手人口やファン人口においては野球やサッカーに及ばない

しかし競技自体は有名な「ワンフォアオール オールフォアワン」「ノーサイド」

にある、激しく勇気あるプレーとチームプレー、相手を称えるリスペクトの精神が素晴らしい

前回のラグビーワールドカップで格上南アフリカに勝利したシーンは多くの人を感動させラグビーの素晴らしさを教えてくれた

今回のワールドカップ日本開催の盛り上がりは前回大会の活躍が大きく起因している

やはり大きな大会が日本で開催されようとも自国にチームが弱ければ元々にファン以外は興味を持つことはなくそれは選手人口の増加・ファンの増加に繋がらない

逆に言えば今回に自国開催での成績次第では前回大会の活躍の流れに水を差す可能性だってあったのである

しかし、しかし・・

第1戦のロシア戦に勝利し第2戦の世界ランキング2位のアイルランド撃破

史上初の決勝トーナメント出場にまた一歩近づく大躍進

この事実に日本中は大興奮

出場チームのニュージーランドなどの勇壮な「ハカ」や試合後に相手チームを称える姿に日本全土が感動し「ラグビー」というスポーツにす素晴らしさを直に感じている

この時点で大会は大きな成功を収めているがこの人気を維持していくことが重要である

このような状況はサッカーワールドカップ日韓大会と似ている

日本サッカーはJリーグというプロリーグを設立し1998年フランスワールドカップに初出場、2002年に日韓ワールドカップを迎え決勝トーナ―メント進出という大きな結果を残した。

サッカーの認知度はこのワールドカップ自国開催で大きく変貌したのは事実である

自国と世界のプレーに目の当たりに感動を受けた人は多い

そう・・ラグビーワールドカップ日本大会と同じなのである

サッカーはその後ワールドカップ連続出場を続け、選手は海外チームに引き抜かれJリーグのチームは増加、競技人口・ファン人口は増加してる

そう・・今回のラグビー日本代表の活躍、ワールドカップ日本大会の盛り上がりは日本ラグビー界の未来を明るく照らしている

最強アマチュア軍団 HondaFC なぜ浦和レッズを撃破できたのか・・

天皇杯でJFL所属にHondaFCがJ1の浦和レッズに2-0の快勝!

3つ下のカテゴリーながらACLに残っているBIGクラブ浦和レッズになぜ勝つことができたのか・・

そのHondaFCとは・・

だれもが知る世界企業本田技研工業のの創業地でもある浜松製作所に置かれた浜友会サッカー部を母体として創部。プロ契約の者を除き、午前中は会社で仕事をし午後から練習という実業団。実業団ながら地域密着型クラブとして活動し下部組織がある。

アマチュアでは珍しくクラブ自身が所有する自前のスタジアムである。

JFL優勝7回にアマチュア最強クラブ

Jリーグのできる前にJSL(ジャパンサッカーリーグ)1部に所属していたが景気の低迷の影響を本田技研工業が受けJリーグ参加を見送った。その時の主力はJリーグチームに移籍。鹿島アントラーズに黒崎久志・長谷川祥之。読売クラブ時代に北沢豪 ヴェルディに石川康。主力が抜けたがJSLがJFL(ジャパンフットボールリーグ)に移行しそのまま参加。アマチュアチームとして活動。

アマチュアの雄として活動し選手はプロへステップアップする選手を多数輩出

現在のチームでも活躍する古橋達弥がセレッソ大阪 宇留野純がヴァンフォーレ甲府

村松 大輔が湘南ベルマーレ など・・

あまりの強さゆえJリーグを目指す他のJFLチームにとって昇格に毎年大きく壁となっていた

サッカー処静岡県に浜松市で活動するこのチームは母体である本田技研工業同様、堅実且つ真摯に向き合う姿勢に共感するものが多くJリーグ加入できる実力者もアマチュアとして活動するこのチームに加入希望するもの、サポーターもアマチュアには珍しくサポーター活動が活発である。そしてJリーグの理念と同様地域活動に力を入れているのが特徴。

カリスマ経営者 本田宗一郎の理念を受け継ぐかのような堅実・実直なチームである

このような時代に流れに左右することもなくただ実直にサッカーに打ち込むこのチームは在籍経験にある経験豊かな古橋などの活躍と又在籍経験のあるグランパスで活躍した井幡を監督に迎えプロ経験者にエキスを加えアマチュアでしか表現できない「らしさ」を追求し強力なチームを維持し続けている

今回、浦和レッズを撃破したのは決してフロックではなく、ただ純粋に強いチームだったからである。

HONDAJETはまだまだ飛び続けるかもしれない・・

アイルランド対スコットランドって日本でいうと九州対四国?

ラグビーワールドカップ日本大会が盛り上がってます!

9月22日アイルランド対スコットランドの対戦がありました

サッカーでも欧州選手権予選などで見るカードです

イングランド対ウエールズなど・・

しかしこの4チームは俗にいうイギリス・・そう英国です・・

ィギルスとはイングランド・ウエールズ・スコットランド・北アイルランドの4つの「カントリー」と呼ばれる「国」が連合体として形成する独特な統治体制を取っています

日本でいうと北海道・本州・四国・九州・沖縄みたいなものでしょうか・・

ではなぜ世界的に国家と認められていない「国」がワールドカップに英国としてではなく参加できるのか・・

それはイギリスはサッカーやラグビーなど多くの競技が発祥もしくは近代スポーツとして整備された地域であり伝統的な配慮から国際競技団体ではイギリス単体ではなくイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド(ラグビーに関してはアイルランドにまとめている)の4地域それぞれの加盟を認めているのである

だからオリンピックは単一国家としての出場が大原則のためイギリスはオリンピックにおいてサッカーで出場していなかったが、ロンドンオリンピックで統一チームで出場したことは歴史的なことであった

ですので・・イギリス代表は

イングランド代表に・・

ウエールズ代表にベイル(レアルマドリード)

北アイルランド代表 エヴァンス(レスターシテイ)

スコットランド代表 ダレンフレッチャー(ストークシテイ)

なんて選手が加わることになります・・

ライアンギグスがウエールズ代表を選択したためワールドカップに出場できませんでしたがもしイギリス代表として参加してたら見れたのに・・と嘆くサッカーファンも多いはず・・

この歴史的背景を知ると、この4チームの対戦カードは違った視線で見ることができ、興味深い試合となるでしょう!

ドイツが生んだ最高の兄弟 アディダスとプーマのライバル関係とは

ブンデスリーガ バイエルンとドルトムントの試合はデア・クラシカ―と呼ばれドイツ最大のダービーマッチ

この2チーム間の移籍は禁断の移籍と言われているがレバンドフスキやゲッツェ・フンメルスなど過去に移籍し大きな物議を交わした強いライバル関係

この2チームにはもう一つの奇妙なライバル関係がある

それはユニフォームサプライヤーのライバル関係

バイエルンはアディダス ドルトムントはプーマ

この世界的スポーツメーカーはもとは一つのメーカーであったのは有名な話

もとのに社名は「ダスラー」

第二次大戦以前の話でありかなりの老舗メーカー

このメーカーは兄 ルドロフ・弟 アドロフのダスラー兄弟が設立

順調に経営していたが兄弟げんかが勃発・・

会社を突然閉鎖

兄 ルドルフは食肉目ネコ科のピューマを語源に「PUMA」を設立

弟はアドロフの名のあだ名「アディ―」からアディーダスラー・・「adidas]を設立

二人とも独立後に訴訟しあうなど仲の悪さは酷くなるばかり

同じ町で設立したものだから町もadidas派かプーマ派かを歩く人の足元を見て判断していたのは有名な話

このダスラー兄弟死後はメーカーとしてはライバル関係でもドイツのメーカーとして世界規模のスポーツメーカーとして切差琢磨して良好な関係となる

しかし・・

このメーカーがサプライヤーのドイツ2強チームバイエルン・ドルトムントのダービーは尋常じゃない激しさを毎回繰り広げられる

ダスラー兄弟の兄弟喧嘩があの世から乗り移っているかのように・・

そんなことを思いながら見るデア・クラシカ―も面白いかもしれない・・

ブログランキングにご協力ください!

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村

サッカーとラグビーの奇妙な関係 ラグビーワールドカップ開幕

ラグビーワールドカップが開幕しました!

日本代表は開幕戦ロシアに快勝!素晴らしい!

4年に一度じゃない一生に一度だ!←このフレーズが好きです!

そのラグビーはサッカーと同じイギリス発祥なのは有名ですが

なんと・・もとは同じ!!!!

ラグビーの起源は、「1823年、イングランドの有名なパブリックスクールであるラグビ

ー校でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま

相手のゴール目指して走り出した」ことだとされている・・そうです

勇敢でファザチームのプレーに感動するのはサッカーと同じ

緑のピッチで身体をぶつけ合い勝利に沸き敗戦に泣く姿に感動します

せっかくの日本開催ですのでサッカーの兄弟みたいな関係と思いながら

ラグビー観戦を楽しむのもいいかな・・

余談ですが・・ニュージーランドの「HAKA」はかっこいい

「HA]は息「KA」は炎 

試合前に恐怖心を外に出す儀式です 一見の価値あり!


サッカーランキング

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村

TT兄弟ならぬサッカー兄弟の活躍!血は争えない・・ 

兄弟でプロのサッカー選手はけっこう多い

国外では少し古いが個人的にはラウドルップ兄弟が印象的・・

兄のミカエルはヴィッセル神戸にいたのでご存じの方もいるかも・・

フィリッポ・シモーネのインザーギ兄弟も印象的だった

現在は指導者として活躍

最近では

エデン・アザール、トルガン・アザール、キリアン・アザール

長男は説明不要だが次男も今期ドルトムントに移籍し活躍が期待されている才能はエデン以上との声も・・

国内では往年のプレーヤーとしたは・・

柱谷兄弟 兄 幸一はFWと弟 哲二はDFで活躍 兄弟ともに熱いプレーで魅了

我が大分県が生んだ往年の兄弟プレーヤーは

永井兄弟 兄 秀樹(ヴェルディ監督)と弟 篤志(山形などで活躍)

共に国見高校に進学しプロへの道を切り開いた

最近での大分県出身プレーヤーは清武兄弟だろうか

兄 弘嗣は説明不要 元日本代表 弟 功暉は徳島で活躍

Jリーグの中の兄弟プレーヤ―で注目なのは

三竿兄弟 兄 雄斗は大分トリニータ 弟 健斗は鹿島アントラーズで活躍

共にヴェルディ下部組織出身

*双子編

海外ではオランダ代表だったデブール(フランク・ロナルド)兄弟だ有名ですね

あとドイツのベンダー兄弟 オリンピックにオーバーエイジで二人とも参加したのは記憶に新しい

マニアックなのはトルコにアルティントップ兄弟 二人ともセンスある選手です

*親も名選手編

海外ではジダン (エンツォ・ルカ兄弟)

国内は風間 八宏 (グランパス監督)の子息 宏希・宏矢

*親も名選手番外編

高木 豊(大洋ホエールズ元選手)の三人息子 俊幸(セレッソ)善朗(アルビレックス新潟)大輔(ガンバ大阪)

高木兄弟は三人とも今期よりJ1所属 やはり父譲りの運動神経なのか凄いこと・・

海外も国内もまだまだ兄弟プレーヤーが活躍しており兄弟対決があれば試合を見る楽しさも増える・・

兄弟プレーヤ―に注目!


サッカーランキング

にほんブログ村 サッカーブログへ


にほんブログ村

ジーコの称えた3人

南米選手権は惜しくもグループリーグ敗退となった日本代表。

その日本代表について日本サッカーを誰よりも知るジーコは称えた3人の選手は富安・三好・中島

確かにすばらしかったが・・・

久保建英が入っていない

レアルマドリードでBチームではなくジダンがAチームに呼ぶとか移籍金が400倍まで膨れ上がったとか期待させるような報道の中、このジーコの発言・・

とても意味深

久保への愛情なのかどうかはわからない