仲川 輝人はなぜ名の通り輝く人となったのか 川崎下部組織→専修大学→横浜Fマリノス

令和元年のJリーグ 最終節を残し3連覇を狙う川崎フロンターレと常勝軍団鹿島アントラーズを抑え開幕から好調を維持してきたFC東京と徐々にプレッシングサッカーで勝ち点を重ねてきた横浜Fマリノスとの一騎打ちとなった その横浜F

不屈の精神 新井章太 川崎フロンターレ ルヴァンカップ優勝 MVP獲得 折れない心は大久保嘉人との居残り練習の成果

第25回ルヴァンカップは激闘の末コンサドーレ札幌を下し川崎フロンターレが初優勝 試合は試合巧者の川崎フロンターレのペースで進むも後半ATでコンサドーレが追いつくシーソーゲーム 延長でコンサドーレが得点を決め逃げ切ると思い

ラグビーにわかファンは無限の可能性 大分トリニータサポータ―に見る軌跡

にわか(俄か)の意味・・ 「突然に」「一時的に」といった意味をもつ「俄か」から生まれた。ほぼ対極にある語としては、昔からのファンを意味する「古参」などがある。 ラグビーワールドカップ日本開催・ラグビー日本代表に決勝トーナ

後藤優介を誰よりも早く抱きしめたのは・・大分トリニータ劇的AT弾は諦めない片野坂スピリット!なぜトリニータの選手は走りきれるのか・・片野坂カウンター炸裂!

J1 29節浦和対大分で劇的勝利した大分トリニータ AT(アディショナルタイム)での決勝点を叩き込んだのは大分トリニータ生え抜きの背番号9後藤優介・・ 浦和サポーターの地鳴りのような声援が響き渡る埼玉スタジアムで遠く九州

決断!移籍の判断はナニなのか・・サッカー選手としての飽くなき野望

今期のJリーグはシーズン中の移籍が活発だ それも若手有望株から元日本代表の有名選手まで・・ 中村俊輔や小野伸二など超が付く有名プレイヤーが移籍 それもJ1の下のカテゴリーのJ2へ・・ 選手としての凋落なのか・・それともお

AFC上位進出弾 興梠 慎三はなぜ8年連続二桁得点が出来るのか

Jリーグの外国人選手に日本人プレーヤ―で誰が凄いかという質問をすると一番多いのは誰か・・遠藤保仁?中村俊輔?中村憲剛?清武弘嗣?家長昭博?カズ? 答えは興梠慎三! 以外と思う方もいるかもしれないが8年連続二桁得点桁の実績

浪速のストライカー 播戸 竜二 引退 元祖メンタルモンスターがJリーグに残したものとは・・

播戸 竜二が令和1年9月14日 引退 ガンバ大阪がこの日のみ契約し引退セレモニーを行った 彼の熱いサッカー人生とは・・ 高校は兵庫県の琴が丘高校  キャプテンを務め、国体選手にも選出。3年生の最後の大会は決勝で加地 亮・

熱き血は燃え続ける 梅崎 司のプレーに人は惹きつけられる!

梅崎 司は梅崎 司 唯一無二の存在 大分トリニータや浦和レッズ 現在は湘南ベルマーレで活躍するこの努力の天才はなぜ人を惹きつける・・ 長崎県出身 大分トリニータU-18から2005年にトップチームへ昇格。2006年よりレ