持続化給付金の申請を手伝ってみました!ネットに無縁な年配事業者にはキツイかも

新型コロナウイルス感染症による景気の低迷で様々な事業者は大打撃を受けている

その中安倍政権が打ち出した「持続化給付金」

中小法人・個人事業主・小規模事業者・フリーランスを含む個人事業主への支援

中堅・中小企業・小規模事業者 上限200万円

フリーランスを含む個人事業は 上限100万円

給付額:前年の総売上(事業収入)-(前年同月比△50%月野売上×12か月)

申請は電子申請(オンライン)パソコン・スマホで簡単に申請

ある高齢の方より相談を受け申請のお手伝いをしました

①必要書類を準備してもらい

 確定申告(法人は決算書)・売上台帳や通帳・対象月の売り上げがわかるもの・本人名義の口座通帳の写し(法人は法人名義)・本人確認書類(免許書等)

②持続化給付金ホームページにアクセス

③メールアドレスを入力し仮登録 メールアドレスがない人はつくる必要あり(パソコンではYahooアドレスでもGメール スマホでも可)

④上記アドレスに確認メールが届き本登録ヘ 

ここでログインID/パスワードを登録(ネットに慣れていない高齢者などはこのログイン・IDパスワードを忘れてしまう傾向があるので必ずメモ)して本登録

⑤マイページに各種情報を入力

法人・個人の基本情報(名前・住所・業種等)

売上額

口座情報

⑥必要書類の添付

確定申告書類

売上減少となって月の売上げ台帳の写し

個人事業主は本人確認書類

:確定申告の控えが見つからない人は税務署で写しを申請

写真の添付方法がわからない方が多いらしい

⑦申請完了

⑧持続化給付金事務局が申請内容確認

⑨通常2週間程度で給付通知書を発送 登録口座に入金

以上が申請から受け取りまでの流れです

ぞくぞくと給付金の受け取り者が・・

高齢者には大変な申請方法で未申告者は該当せず

でもフリーランスにも対応できるため幅広い給付金であるのは間違いありません

早期新型コロナ感染症の終息と景気の回復を願います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。